読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

花乃まりあというトップ娘役(最後)

雑記 宝塚


昨日、感無量の花組『雪華抄/金色の砂漠』千秋楽ライブビューイングでした。

わたしはこんなに、このコンビが好きだっただろうか…というくらい2人が微笑み合う姿で一番泣けてしまった。正直、嗚咽した。

久美子先生の、メタ要素もりもりの今公演は、わけのわからない人も多かったと思います。作り話の中にひとつだけある真実。魂の自由と誇り、愛。昨日は今までに見たことのない完成度でした。
明日海さんと花乃ちゃんを中心に、渦巻くような人間模様と感情。目の動きひとつにも、巻き込まれて落ちていってしまいそうでした。

サヨナラショーの幕あきは「あごで受けなさい」。
わたしは花乃ちゃんのこの歌が一番好きです。サリー・グウェンドレン・エマ・アリシア。すべての役を愛しているんだなと感じました。デュエットダンスは「花は咲く」。
ほんとうに、あのときの花乃ちゃんはどこか自信がなさげで、でも笑うとぱあっと華やかで。明日海さんが花乃ちゃんに微笑みかける、それだけで泣きまくってしまいました。ご挨拶も、どこまでも花乃ちゃんらしい、ちょっと男前で愛しい言葉。
すみれの花咲く頃を歌うとき、ゆきちゃんが涙に詰まってた姿もなんだか切なかった。


どこか宝塚らしからぬ、でも宝塚でしかありえなかった2人だけの相性。ずっと苦楽を共にしてきたからこそのトップコンビ。

「朗らかでいること。自分と周りの人を信じること」生きているだけで、なんて難しいことなのでしょう。花乃ちゃんは人一倍の努力でそれを勝ち得た演者さんでした。この先どんな困難も、その力強くもやわらかな笑顔で溶かしていってほしいです。あと、もうちょっと太ってもいい!(笑)

気づいたらわたしは、花乃ちゃんにこんなにも励まされていました!!でもまだすごく寂しい。

前の前のご贔屓の時でさえこんなに泣けやしなかったのですが、涙の分だけ花乃ちゃんと一緒に夢を見させてもらってたのかもしれません。心から、ご卒業おめでとうございます。



「雪華抄/金色の砂漠」感想は、東宝中日と千秋楽の違いに戸惑っているので、すこし整理してからあげようと思います!ではまた。

星組 スカピンお衣装改変に憂う

雑記 宝塚


星組「スカーレット・ピンパーネル」大劇場公演の制作発表がありましたね。あーちゃんとっても素敵でした。
ビジュアルは完璧…!なのですが、ポスター公開時からマルグリットのドレスが気がかりでした。ウーンこうきたか!!というどうでも記事です。

マルグリットの舞踏会のドレスが宝塚で一番好きなドレスかもしれません。色味、胸のVの位置や袖の装飾など、いろいろ比べるとおもしろいです。画質に差があってすみませんが、参考までにどうぞ。


08' 星組初演
マルグリット・サン・ジュスト遠野あすか


10' 月組再演
マルグリット・サン・ジュスト蒼乃夕妃

※画像よりもうすこし濃い色味です。


17' 星組再演
マルグリット・サン・ジュスト綺咲愛里


布の色は夕妃ちゃんと近いピンクでしょうか?やはり初演と同じとはいかないですが…。さすがに今回はデザインがガラッと変わりましたね。素材やリボンやレースを細々みると全然違う…!初演は9年も前とはいえ、とても大人っぽくて好みだったのですが……。ベルばらっぽくない輪っかを期待していただけにすこし残念。これはこれでスッキリ見えるのかなあ。縦ロールの撤廃は賛成です(^-^)/

まあ、舞台で観たら案外いいじゃないのとなるはずなので、スタッフさんの発表を楽しみに待ちます。有村先生って衣装補佐ついてないことも多いですが、どうなるでしょう。

小池先生ですから演出や衣装の新調も楽しみですね。お披露目公演たのしみにしようと思います♪

月組『アーサー王伝説』星組『桜華に舞え/ロマンス‼︎』雪組『ケイレブ・ハント/Gratest HITS!』感想

観劇記録 宝塚


こんにちは、久しぶりの投稿です。

あけましておめでとうございました!

一応全組観劇派なのですが、もう熱心な花組ブログのようですね。ど、どうしよう……11月は遠征して、1月は毎週観てますなんて…否定材料がなにもない…。もう毎度ちがう人に感情移入してます。

とはいえ10月アーサー王・11月桜華に舞え・12月ケイレブは観てました。順を追ってさらっと?振り返りたいと思います。



月組アーサー王伝説

孤独を歌った場面で、内心「たったまさまーー!!!」(たまやのように)と叫んでいました。
下級生時代から華のある人でしたが、わたしはその…あまり良さがわかる公演を観てこれなかったといいますか。なんとなく、ふてぶてしさのない真面目な方、という印象がありました。歌も台詞回しも毎公演すこしずつ成長がわかるのはすごいなと。
そして今回、若きアーサーが戦い・恋をし・孤独を知る!原話を知らないと、家系が複雑な脳筋みたいですが、まあしかたないのでしょう、、
この分厚い胸板がこれから痩せてしまうかと思うと、今すぐチケット増やします!!と思った(実際増やした)くらい体格がかっこいい。真ん中も似合うし、追いつかないのは学年だけなのかな…。最近なかったトップさんキュンがたま様から供給できて幸せでした。あーさも好演でしたが、悪役の美弥さん・まゆぽんのナンバーがキャッチーで役得。まゆぽんにおいしい別箱ほしいな…。ちゃぴちゃんのThe お姫様も可愛かったです。佳城葵さんは若いですが演技派ですね。すてきでした!あとはモーガンの手下の海ちゃんとわかば姉さんがひたすら小悪魔可愛かったです。(海ちゃんはブラックレディ(セーラームーンの悪役)をお手本にしたのかな?さすがでした!)
どんどんたま様にお金払っていこう!と決めた公演になり、嬉しかったです。



星組「桜華に舞え/ロマンス‼︎」

11月は姉が忙しそうでしたね、ご贔屓の退団だったので。(まったく悲しむ様子が見受けられませんでしたがせっせと頑張ってた)
これぞ齋藤先生〜!ってかんじの公演でした。強制泣きどころがあるのが、なんとも星組らしい場面というか。(笑)明治維新の難しい話に感じないのは、やっぱり演者さんのお力と演出が揃ったからでしょうね。薩摩弁も最初こそわからなかったですが、一度通したら次からは気になりませんでした。
個人的には、隼人が故郷に帰ってきたのを、突っぱねる家族、というのが一番ぐっとつらかったです。はるこさん、あーちゃん、凄まじい集中力でした。
そして永輝さんと愛奈姫さまがもう…!思い出すだけでいろいろ湧きあがります。冒頭の会津の戦地できいちゃんが歌うナンバーが一番好きでした。大義は我が会津にあり。永輝はほんっとばか!!すき!!!
ロマンス!!はのんびり楽しめてけっこう好きでした。ぜんぜんこう、記憶に残らないですが。(笑)サヨナラレビューすぎないのも、意外と後味がさっぱりしていいですね。イケイケの星組さんなので、ロマンチックレビューが新鮮。
GO!の場面の、謝先生の振付がいつもながら鬼畜で、それゆえ感動的でした。サヨナラ演出ということを差し引いても…見送ってるひまもないんじゃないかなってくらいすごかった。「もう体力の限界^o^」な演者さんに毎回感動してました。(笑)
全体的に妃海さんの出番が多くないのはファンとしてどうなの?と姉に聞いたところ、「まあそれは残念だけど、そうじゃなかったらミュサロやってる暇なんかなかったし、ミュサロ楽しかったしOK」だそうです。
紅さんは「巴里祭」といい、今回のような夢夢しいものも似合うので、今後もたまにこういうのが見たいなあ〜無理かな〜(笑)



雪組「ケイレブ・ハント/Gratest HITS!」

わたしが不勉強な組のひとつ、雪組さんですが、そんなもやっとしたわたしでも、十分に楽しいのがいまの組の特色ですね。キャッチー!とにかく今回全編オシャレ!!
正塚先生の美学を演じきるとこんな物語になるのか〜〜!と再発見。スマートなちぎさんが演じると、渋くて古くない。ゆうみちゃんも大人っぽい演技がすごくステキでした。「MERRY WIDOW」の未亡人といい、歳上や自立した女性の役が似合います。ご本人が可愛いひとだからギャップもすごいですが、わたしは好きでした。
れいこさんは綺麗な若手実業家。悪役、というより闇役?とでもいいましょうか、社会のひずみに巣食うタイプでした。…なんかもっといい役あったんじゃないかな…。わたしなら、ナイジェル役を黒幕のミスリードに使って膨らませて、れいこさんの義理に救われるちぎさん希望!!
ショーはクリスマスも近くて雰囲気が合って楽しかったです。楽しかったレビューは内容をまったく覚えてない!/(^o^)\ゴーストバスターズ!!が一番好きでした。
とはいえ一点だけ疑問も。「トップvs2番手」と「2番手vs3番手」の2つの場面はどうしても似ていたような?どちらも縮図はほぼ1vs1な上、演者さんも被っていて正直飽きてしまいました(設定上ちがうことはわかってるんですけど)。それならば、娘役だけの場面があってもよかったし。。勉強もしたかったし。。とまあ文句もありましたが、「星逢一夜」との再演も決まってますから、また全然違うショーになりそうで楽しみですね。



2016年は以上でした〜〜。

というわけで、次回はできれば「雪花抄/金色の砂漠」の感想を!と思うけれどまったくまとまりそうにないのです。花乃ちゃん退団後かなあ。

オーム・シャンティ・オームは行きそびれてしまいました。バウ公演もなくなく断念。どちらも好評だったようで、新生星組さんが楽しみになりました。スカピン東宝までの我慢です…。ルイシャルルこい!!

ではまた!


宙組『エリザベート』感想1

観劇記録 宝塚


感想、バンバンいきます。

遠征が控えているため、こらえて1回の観劇ですので、あまり細部は語れないかも。正直あと最低3回はつぶさに観察したかった……。

太田の予備知識としましては、ちょいちょい観劇しつつ、DVDでも一応全組観て……好みとしましては、初演雪組・水版雪組あたりでしょうか。そんなところを踏まえて、好き勝手のべてまいります!



冷たい「死」としてのトート閣下

異質で人外の存在として舞台に居続けた朝夏まなとさん演じるトート。徹底して「死」の帝王として、どこか概念らしい無機的な雰囲気がありました。一方でトート個人の執念や思惑というんでしょうか、そういったものに吸い込まれて、巻き込まれてしまう力と魅力に溢れていました。

朝夏さんのお顔立ちって、パーツのバランスとしては「陽」のお方だと思うんです。それがこう、良い意味で爬虫類のような血の冷たいお顔に仕上げてらして、このお化粧の効果がまず絶大です。そして、スタイルの良さが人じゃないのです。そら「死」だわ…!と絶句したのはわたしだけ?なの?宙組さん贔屓のみなさまは見慣れているの?あの超人的脚の長さに??
シシィの部屋のクローゼットから登場して、死へ誘う場面の艶めかしさといったら…!身長も大きい朝夏トートですが、ふと現れると気づけないほど気配がない、というのがすごかったです。

正直、朝夏さんの張り上げて発声する歌声がそこまで得意でないのです。が、今回はあまり気になりませんでした。高音を吐息でカバーする芸当なんて……!妖しい魅力にプラス作用していました。はたしてあんな吐息芸を何人ができるでしょう……。艶っぽく音をよじるのが不得意なのか、ナンバーによってはすこし物足りない気持ちはあれど、それ以上の怜悧な存在感を放つトート閣下でした。


浮遊する実咲凛音のエリザベート

みりおんは地声の音域が広いタイプなので、(Disney楽曲とかが得意)それがこのエリザベートという作品にばっちりハマりましたね。見事でした。ほぼほぼ地声の高音で歌いきったのではないしょうか。無邪気な「パパみたいになりたい」力強い「私だけに」あたりはもうクラクラきました。
個人的にはセリフ回しの違いもしっかりあってよかったです。「わたしを見殺しにするのね…」とかも、フランツとの関係性を物語るような、落胆の色が強い声音でどきりとしました。

経験上、歴代エリザベートそれぞれには、ある場面から徐々に声音が大人っぽくなる傾向がありました。たとえば「娘はどこ」と迫るところからだったり、勝利した女王による「わたしが踊る時」からなど。
それが、実咲シシィには意図的になかった。そして時代が進んでいくにつれ、どんどん彼女の存在が浮いたものに感じられていきます。器械体操の時やルドルフに縋られたときも、声はむかしの少女期の高さや艶のまま。そのことで年齢があやふやになり、流れて老いてゆく周りとのギャップが生じます。後半になればなるほど、彼女は舞台上で「違和感」となっていくのが衝撃的でした。自由に憧れた少女期のときで止まってしまっているかのような透明感。生きていけばいくほどに、がんじがらめになっていく魂。さいごに真っ白な少女期の姿でトートに迎え入れられたときに、シシィの本来の姿で自由を得たのだと悟りました。
この一連の流れが本当に気持ちよく、みりおんシシィの素晴らしさは歌でもなく、可憐さでもなく、この大きな流れの中のエリザベートという演技だと主張したい…!

とにかくみりおんがこんなに演技を貫ける人だとは、と退団が悔やまれます。。。


2番手フランツ・3番手ルキーニ

さて、ここはナイーブなところでしょうか、どうなんでしょうか?ひりついた客観的意見になってしまったらすみません。

真風さんは星の子ですので、十二分にいままでの実力を存じ上げています。(太田は星・花贔屓です)宙組に行って様々なことにチャレンジしていましたから、きっとその努力を買ってのフランツのなのでしょう、と。
……いや、わたしのベストフランツ・北翔さんを引きずって見に行ったのが悪かった。本当、系統がまず違うよね、ごめんなさい。
なにかと棒になりがちなのは本人も意識している部分なのか、かなり工夫して発声してたように思います。とはいえ、東京公演頭だというのに、まだ楽譜を追っている感がいなめず、シシィとの関係性も弱め。最後の審判でトートと直接対決のシーンはとても気迫がありかっこよかったです。「あんたほんまそこまで大事に想ってたんかーい!」と大阪のおばちゃんが割って入りたくなってしまいましたが。
短い音にもビブラートがかかってしまい、その揺れ幅が不安定なので、みりおんとのハモりの相性が悪くてウーンとなりました。
ゆりかちゃんは3番手時代もしっかり経験できていますし、2番手としてもっとたくましくなってほしいものです。華も品も男っぷりも良いスターさんですから、このままなあなあ引き継ぎは見たくないのが本音。


一方愛ちゃんのルキーニ。(今回株があがりすぎて語尾にハートとかつけたい勢い。)前再演が超絶技巧ルキーニの望海さんという化物でしたから、弱く見えがちですが、本来ストーリーテラーとしてはこれぐらいがほどよくていいと思いました。差し引いても、だいもんや圭ちゃんは、高笑いのプロだったのだな…と。

なにかと拙いといえば、拙いですが、肩の力が抜けた色気がしっかりあってよかったです。ルキーニの俯瞰した落ち着きが、はたして愛ちゃんに…と想像がついていませんでしたが、杞憂でした。「ヒモ力」というか、ダメイケメンっぽさ?たまらないの一言です。歌もTOP HATあたりからぐんぐん成長を重ねていますね。しかもこんなに軽快な演技ができるとは、愛ちゃん!!一番驚いたかも。
前公演でも気になったのですが、すこしまあさま歌唱に似せてしまうところがあるので、そこは愛ちゃんの個性を大事にしてほしいような。


メインに専科を呼ばずエリザベートというのはなかなか難題でしたね。とはいえゆりかさんにはフランツもおそらくルキーニも荷が重かったわけですが…愛ちゃんが大健闘でした。





大劇場公演はどうしても感想が長くなりすぎるわ!(偉くなりすぎるわ!風)

続きはもしかしたら力尽きてないかもしれませんが…、できるだけ間を空けずあげていきます。

花組『仮面のロマネスク/Melodia』感想

宝塚 観劇記録

花組関連記事ばかりになってしまい、
すみません。愛余りすぎ。


ずいぶん前になってしまいましたが、
相模女子大学グリーンホールで、
観劇してまいりました。

花組全国ツアーはベルばらぶりとあって、明日海さんの地元静岡はおおいに盛り上がったでしょうね。

※次期娘1発表前の感想となります。



さいきんは全国ツアーの演目がすべて柴田作品で、先生が健在のうちに…なんてことなのでしょうか。
激情やコルドバもですが、この物語もまた破滅へ向かう愛の物語。柴田先生の書くセリフは、前時代感はいなめないけれど、品があってくさくていいですね。こういった宝塚らしい作品はいいものだなと思いました。


複雑に絡み合う恋のかけひきがメイン。うまく説明ができないのですが、要は色んな女を明日海さんが誘惑しまくり、ほんとうに恋をしそうになった女を手酷く捨て、メルトゥイユ伯爵夫人との執着にも似た恋をやっと手にいれる、というかんじでしょうか。
復讐を企み、思わせぶりな言葉をかけあう姿は、元恋人らしい色香があってよかったです。メルトゥイユ伯爵夫人の強いもの言いもかっこよかった。年の差がなさそうに見えるので、遊び人同士、ライバルというかんじもよかったです。


花組のヴァルモンとメルトゥイユ

明日海さんのヴァルモンさまは輝かしい美しさ!なに!いまのやらしい脱ぎ方!!優雅なマントさばき!!!と、ベルばら100本ノックは無駄じゃなかったと思える貴族ぶりでした。トート閣下もちらついた方はとても勤勉な花組オタクです。
大人の余裕もありつつ、子供のような無邪気さがとても魅力的。前人と比べると若き子爵という印象でしたが、思ったよりも違和感はありませんでした。

そこにいつもよりぐっと低い大人っぽい声で、「あなたらしくないわね」なんて挑発する、花乃ちゃんのメルトゥイユ夫人!野々すみ花さんの演技力に迫るものがありました。劇中のメインナンバーを堂々と歌い上げる姿にも感動しきり…。高く太い声もだいぶ安定していました。
表情のこまやかな変化で仮面の姿と本音が垣間見え、奥底にしまいこんでしまった気持ちを自分でもどうにもできずにいる。そんな花乃ちゃんのメルトゥイユ夫人は強く美しかったです。


花娘のためのトゥールベル夫人

そして高潔で美しいトゥールベル夫人!この作品の被害者にして悲劇のヒロイン!仙名彩世さんしかできなかったと思います。
身のこなしがとにかく美しくてステキでした。ヴァルモン子爵に迫られるシーン、初演の星奈優里さんを彷彿とする、するりするりと踊るように逃げる姿が印象的。最後の舞踏会も圧巻のスカートさばきでした。一度は内に秘めてしまった恋が激しく燃え盛り、身を焼き尽くしてしまう…そんな彼女の心情が痛いほど伝わるラストシーンでした。わたしが人妻だったなら200%感情移入できたのに……!(そこか)

可憐でしとやかかな面と激しい強さを併せ持つあたり、なんとなく花娘に似合う役なのかもしれません。これを華燿きらりさんや桜一花さんがやっても、その人のトゥールベル夫人としてステキだったに違いありません。


ですがこの作品、ききさんちなつさんにはそこまでの見せ場もうまみもなく…。強烈に役作りがあればという問題でもなさそう。柴田脚本は3人で成り立ちがち。余談ですが谷先生は4人。
強いてうまくて目立つといえば、音くり寿ちゃんと優波慧さんでしょうか。春妃うららちゃんは可愛くて大好きなのですが、すこしセリフの棒読みが気になってしまいました。


ちなつさんの色気で赤く染まる会場

Melodiaはちなつさんの一人勝ちといいましょうか。なにをやっていても目立ちますし、色気を振りまいて目線のサービス…と小劇場に余りある存在感と色気でした。客席降りで近くにきたときは、まちがいなく周りもポワーっとしていました。幸せですね。
ちなつさんのダンスは大きくて華があって月組時代から好きなのですが、花組にきてからは、魅せ方も格段にバリエーションが増え、再演レビューでしたがまったく飽きませんでした。こういうときに研究科の圧倒的な力を感じて幸せです……。


花乃ちゃんに何度でも大好きだといいたい

Melodiaは大劇場公演のときから、この単調さはどうにかならないものかと思っていましたが、新演出や新配役などで、メリハリがでて新鮮味もありました。
花乃ちゃんの出番はそう変わったわけではないのですが、だからこそ見える成長がおもしろかったです。プロローグで花乃ちゃんがワンコーラス歌う場面・プロローグ後の銀橋で二人のデュエット・中詰め歌唱・娘役さんを引き連れての銀橋ソロ、そのどれもがパワーアップしていました。特にソロは魅せ方をいろいろ試しているのかな?一回目と二回目ではすこしずつ違いました。花乃ちゃんのショーをもっと見ていたかったなあ……。


Melodia 他

黄金郷のシーンはいろいろな発見がありました。まず、水美さんがいないことの寂しさがあまりにも大きく、というかわたしこの場面は決まってまいてぃーをオペラロックしてたから他の大劇場メンツをまったく覚えてないという…!!(衝撃)だってあの美貌は二次元でしたよね!!?とまあ、どうだっていいんです太田の趣味は。
あきらさんの王様役を高翔さんがやっておられて、わたしは自席でひっくり返りそうになりました。お衣装が似合いすぎている上、王としての貫禄は十分ですし、なにより高翔さんのダンスがとても美しい……!研26の路線組長、最高でした。

ほかに目立ったのは、優波さん・矢吹さん・音くりちゃん・聖乃さんでしたかね。帆純さんがもっと前へくるかと思いましたが、くり上がり程度で意外でした。花組は下級生がいまいち弱いので、がんばってほしいです。
音くり寿ちゃんは1幕でもメインキャストでしたし、新人公演の単独主演も遠くなさそうですね。トップさんのカラーとはまったく違う可愛らしさなので損ではありますが、本人はなんでもできそう。



以上、長くなりました〜〜〜。

花組大劇場公演が待ちきれません。
遠征まで細々がんばります。


花組次期トップ娘役から2017年を思う

宝塚 雑記


お久しぶりです。
あまりに嬉しくて珍しくタイムリーな記事を。

仙名彩世さんに決まりましたね!

研10にさしかかろうというところで、トップ娘役を射止めたのは、本当に嬉しいことです。そうそう、ときには若けりゃいいというだけじゃないんですよ。


そして、すこし驚いたのが娘1のヒロイン経験のジンクスがやぶられたというところです。
いわゆるトップ娘役の必要経験として、新人公演主演3回・小劇場主演2〜3回なんていわれてます。回数のばらつきはありますが、新人公演と小劇場、この二箇所は必須です。なので急激にヒロイン役が増えたりなんかすると、アラ?となるわけです。(……劇団はいつもそんなところが露骨かなと…おっとだれかきた)

一方、仙名彩世さんは新人公演主演はまわってこず、芸達者な上級生役に重宝されていました。また、小劇場ヒロインも、単独は1度だけで近年はWヒロインが目立っていました。(あ…理事の相手役がありましたね。2度でした。)桜一花さん・華耀きらりさんが退団してからは、別格娘役まっしぐらのように思えました。大劇場の役まわりもとことん別格並立の扱いでしたから、ファンとしてはゆきちゃんが幸せになるにはどうしたら…とヤキモキしたものです。
とはいえ実力は劇団全体からみてもトップクラスですから、必要経験がなくとも抜擢となったのでしょうね。
本当におめでとうございます!


と、ここでどうしても脳裏をよぎるのは、明日海政権がいつまでだろうか…ということですね。ベテランのゆきちゃんが選ばれたということは、添い遂げ退団は決まっているのかもしれません。来年で3年目ですから、次の年、2018年には入れ替わりの可能性があるとおもいます。2017年内は悲しすぎる。

としても、次期トップ候補枠(ゆりかさんとだいもんと琴さん以外)がみえないので、なんともいえませんが。。芹香さんがやっと単独主演(何年ぶりなんだほんと>劇団)を掴みましたし、次期として頼もしくなってほしいですね。

こう風呂敷を広げていきますと、ますますゆきちゃんの抜擢が腑に落ちるといいますか。劇団秘蔵っ子の明日海さんですから、ふつうに娘1候補どまんなかの娘役さんがお相手でもおかしくなかったと思うのです。明日海さんのご指名がはいったのか、はたまた、娘役さんの「温存」という思惑もありそう。



あ、ほかの組み替えに関しては、みなさまが思うままに、同意見です。激選区95期にして、朝美さんと月城さんのいま一つ足元の固まらない感じから、さらなる成長のための修行ですかね。現状からの脱却と化学反応がたのしみです。各番手が定着するとしたら、トップが代わって2回目くらいの大劇場公演でしょうから(近年傾向)、すぐではないと予想します。
朝美・暁/月城・永久輝といままでのセット売りを打破できることもよいと思います。(トップのカップル売りは良いのですが、スターさんのセット売りはそんなに好きでない)なにげに日付的に月組であーさとれいこちゃんがかぶるので、どうか競演を!!

有紗さんは最近激やせした姿をみてもしやと思いましたが、星組でしたか。みなさまも期待の新公マルグリットがみたいです。がんばれくらっちー!

真彩希帆ちゃんは、新人公演のときに望海さんがいらしてたので、そういうことだと思います。すごくしっかりして楽しくて変な子で、一度だけ参加したお茶会も最高でした。三度目の組み替え、きっと大変でしょうが、真彩はどこでも愛されますよ(母)。


今回の組み替えの若手スターはほんとうに大事にしろよ劇団。ほんとうにだ。こうみると、雪組が美しさ止まらない人事となりましたね。



次回カメロマのレポを上げなければ…!


花乃まりあというトップ娘役

雑記 宝塚


だいぶ前になってしまいますが、
花乃ちゃんの退団発表がありましたね。
寂しい気持ちもありつつ、最後までわたしは花乃ちゃんを応援したいと思います!そんな意気込みの記事を書いてみます。



常人が持ち合わせない、ましてや劇団内でも「華」のある役者さんというのは、とても大切にされます。否が応でも目立ちますから下級生のころから注目が集まります。その時点では、実力がある子のほうが珍しいでしょう。ひたすらに場を与えて経験を積ませるのが通例ですね。さらに娘役さんでいうと、実力や華のある子は、早くから抜擢して若いうちにトップさんに、というのがここ最近の人事傾向です。


そんな近年の流れのなか、宙組から明日海さんの相手役として組み替えしてこられた、花乃まりあちゃん。

組み替え後〜トップ就任してからもしばらくの間は、どこからともなく花乃ちゃんへの不安や不満を抱いた宝塚ファンも多いのではないでしょうか。友人からもれ聞いていましたし、正直なところ、わたしもすぐに喜ばしいとは感じませんでした。わたしの場合、それはひとえに、舞台にしろ人柄にしろ、「彼女がどんな人かまったく知らない」という恐れからきたものでしたが…。(なのでその後の色々で補完されていきました。)


わたしの花乃ちゃんへの好意の軸は、「顔がめっちゃタイプ」という、中学生かおまえはと聞こえてきそうな理由です。(いやほんとすみません、なにかと顔が入り口なんです。)
でもそれだけが惹かれる理由でなくなってきたのはいつからでしょうか。ひたむきな根性とか一途な心、自分の殻をやぶる勇気や、娘役のプライド。そういった成長を見せてくれたように思います。



花乃ちゃんの変化・コンビの成長

花乃ちゃんってすごいのでは!と思ったのは、梅田・台湾公演の『ベルサイユのばら/宝塚幻想曲 FANTASIA』でした。

前に観ていた全国ツアー公演で、明日海さんのフェルゼンは若くて見目麗しくて、情熱をもちながら自己を抑制する演技が印象的でした。それこそ明日海さんはベルばらのプロとして安心です。それは同時にアントワネット次第である、ということでもありました。

歌舞伎セリフですから、あまり感情が見えてこなかったり・その人の個性が皆無になったりと難しい演目です。しかも台湾版のため1幕に凝縮するとなると、謁見やオスカルの部屋もない…。贔屓の金髪のためにわたしは梅田まで……?とこんな顔(-_-)でした。


ですが、観劇してみるとどうでしょう。しっかりフェルゼンとアントワネットの物語として、王妃の生き様として成り立っていました。ベルばらを何周もしてるからこその脳内補完のおかげもあるかもしれません。とはいえ花乃ちゃんアントワネットは、物語を演技力で底上げしていたように感じました。

このときに、お歌もかなりお稽古したことが伝わってきました。無理に張り上げず、演技のうえで歌を歌い、心情を表現する方向にいったのは良い転換だったと思います。積み重ねが自信になり、自然と声量もあがったのではないでしょうか。その後のME AND MY GIRLで、彼女の努力は確かな実力になったと思います。


前の記事で語りつくしたので、割愛しますが、本当に彼女はサリーという役に懸けていたと思います。それだけ、すばらしいサリーでした。
あの公演によって、トップコンビの信頼関係がまた新たな進歩をとげたのでしょうか。二人のコンビネーションが良くなったのは気のせいではないでしょう。



トップ娘役であるということ。

ファンのわたしたちは、花乃ちゃんのなにもかもを知っているわけではもちろんありません。垣間見える表層に一喜一憂したり・憶測したりするしかできないわけです。堪えて、乗り越えて、人前では笑顔でいる。その大変さったら想像が追いつきません。

つらい時期をきっと何度も体験して、彼女たちは舞台で輝いている。花乃ちゃんにかぎらず、宝塚はそういう世界であると思い出したのでした。


全てが備わっているわけじゃない、けれど持っている強みがある。その心を持ち続け、挑戦し続ける強さが、トップ娘役さんの美しさだと思います。




いろいろと壮大なことを申しましたが、単純にきれいでかわいくて、髪型が凝ってておしゃれな花乃ちゃんがだいすきです……。女王様(役で)としてトップさんを奴隷(もちろん役で)にして去っていくあたり、なかなか歴代娘1としてはありえないですよね(語弊)!素敵です。

ということでわたしは11月に遠征してまいります。花乃ちゃんのさらなる成長がたのしみです。贔屓は……どうなるか……うーん。



かなしいことに、
またみりおんの記事も書かなくてはですね。

エリザベート・ロマネスクと、なるべく感想記事を簡潔にあげられるよう、がんばりまーす!