読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

さいきんのお衣装考察

宝塚


大劇場ももうすぐ千秋楽ですね。
『こうもり/THE ENTERTAINER!』

東宝組なのでまだ観劇しておらず、
とても楽しみな公演ですが、
今回はそこから掘ったお衣装の話。



ポスターや初日映像などをみて、

「あっ…あ〜原作がオペレッタだし、こう、過度なくらい華やかにね?貴族社会の話だし…ほら、セットも役者もそろった舞台で観たら、しっくりくるよね……?たぶん……」

という、まあ正直やばくないか??という印象だったのです。そして、THE ENTERTAINER!のほうもなかなか。大きな金銀のマス目。じゃなくて大きめのチェッカーなの?…謎なかんじ。最近こんなことを、別のレビューでも感じたような。


というわけで調べたところ、
今回のお衣装はどちらも、加藤真美先生。
任田先生(大ベテラン)や、有村先生(天才)の補佐によくついてる方のようです。(今回、こうもりのみ衣装監修は任田先生。)
最近?お一人でやられることが多くなったのでしょうか。2013年の明日海さんのディナーショーが最初っぽいです。


個人的に、個人的にですが。

観劇して、「??」な衣装があるショーは加藤先生が多かったです。。。すみません。
衣装は人それぞれの趣味ですから、やっぱり合う合わないがあるものとして、大目に見てください。

実際に観劇したものに限定しますが、『宝塚夢幻』 『ラ・エスメラルダ』 『LOVE&DREAM』(衣装新調のあった1幕)『HOT EYES‼︎』など。

なんか一部、つ、ツッコミたい…みたいな衣装がありませんでしたか。蛍光…!!?とか、白菜みたいなのとか、近未来っぽい銀の衣装がテラテラしてるとか。
わたしの中では、このあいだの宙組の、変な民族衣装、眼帯、突然現れる青い女役、は絶句でした…。


『仁』『明日への指針』『風の次郎吉』『カリスタの海に抱かれて』なんかはいたってよかった印象ですし、レビューで外しちゃうんですかね…。


新しい先生なりの味つけだと思いますし、今後に期待というところでしょうか。
実際に公演で観たら印象が変わるかも。
(そうであってほしい)


宙組『Shakespeare/HOT EYES!!』感想2

つづきでショーの感想です。


《2幕》HOT EYES!


ちょっとキザすぎる歌詞も、
まあさまはなかなかどうしてハマります。
ホッターイ!

宝塚フェニックス(ちょー通った。)ぶりの大劇場のショーでしたね。
藤井先生、大階段でいろいろ実験してみたかったのかしら…ってかんじでしょうか。下級生好きとしては、奥も見渡せるので、その点よかったです。あ、まあ案の定、衣装の趣味はまったく合いませんでした。


宙組贔屓のファンのかたはもっとお詳しいと思うのですが、わたしの覚書を。


必ず欲しいところでくる・1回のウインクの破壊力といった「顧客満足度」の高さは愛月さん、蒼羽さんあたりが素晴らしく、バッチーッとやってくれます。表情がくるくる変わって楽しい。美月悠さんとかもそんなイメージ。いやほんと、さおちゃん立派になったねえ……。
プロローグでの宙男による「ドキドキ」の振りが最高にドキドキでした。ちょっと曲がEXCITER風味?


一方、そこでかよヒッ!みたいな「予期せず被弾」もまたショーでの楽しみですよね。
わたしが宙組でいちばん追いかけるのは、この「被弾」派であろう澄輝さん春瀬さんでして……。

アッキーさんの笑顔ってなんなんですかね、イオンと色香とでもいうんですか、だだ漏れです。91期っすわ。
かなこさんとさおちゃんの女装は衝撃的にエロく、男役のときとのギャップで、なにか目覚めそうでした。


あと、今回の公演は、これから推したいジェンヌさんがショーでもわかりやすかったです。96期以下は星風まどかさん、瑠風輝さんがガンガンですね〜。希峰さんやららちゃんもおいしい位置にいたような。



久々の宝塚観劇だったので、
組子萌えとして楽しかったですー。

次は宙組さんはエリザベート
年2,3作は小池作品やっとかないと、みたいなところでしょうか。ともあれ、たのしみ〜〜。



宙組『Shakespeare/HOT EYES!!』感想1

観劇記録


宙組さんを楽ギリギリにみたので、
忘れないうちに記録します。

あ、全組観劇派です。愛は偏ってます。

ジェンヌさんはみなさん尊い!
そんな基本スタンスです。


《1幕》Shakespeare


話・曲・演出はウーンものでしたが、
夏ぶりの宙組さんだったので、もう、組子みなさんがかわいくてかわいくて!

俺たちのみりおんが今日もかわいい……相変わらずまばゆい…!まず笑顔がまばゆい!そしてなにより金髪!!あの前髪真ん中分け、なかなか見ない感じだったけど、似合ってましたー。健気で、やさしくて、かわいい奥さんがほんとうにぴったり。(りかさんとも見たかった!)


あとなんといってもコマさん!お芝居でぐっと引き込んでくれて、テンポも気持ちよく、とにかく見目麗しい!結婚したい。

1幕おわり、夫婦二人が仲直りしたのを、切なげにでも嬉しそうに眺めるコマさんの表情に、全女子がキュンキュンきましたよね。
風馬翔さん演じる座長が、バシバシと肩を叩いて励ましていて、それに明るく笑ってみせるコマさん最高に美しかった。母性があふれすぎて半泣きでした。母性って水なんですね。ぐす。


愛月さん・桜木さんがぐんぐんステキになられてました。愛ちゃん、かなり3番手っぽくてかっこよかったです。ほんものの美形が美形(ナルシスト)役をやると、説得力とこちらのノリが違います〜〜。
次郎吉であきらさんが、伊達男を自称して最っ高!ってなったときと同じテンションになりました。



エンディングはコマさんしか見てなかったのですが、悪役殺しでした。いまいち内容が惜しいかんじで、楽しみきれなかったなあ。

最近の1幕劇、毎度そんなかんじですが。。



長くなったので次につづきますー。