宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

花乃まりあというトップ娘役


だいぶ前になってしまいますが、
花乃ちゃんの退団発表がありましたね。
寂しい気持ちもありつつ、最後までわたしは花乃ちゃんを応援したいと思います!そんな意気込みの記事を書いてみます。



常人が持ち合わせない、ましてや劇団内でも「華」のある役者さんというのは、とても大切にされます。否が応でも目立ちますから下級生のころから注目が集まります。その時点では、実力がある子のほうが珍しいでしょう。ひたすらに場を与えて経験を積ませるのが通例ですね。さらに娘役さんでいうと、実力や華のある子は、早くから抜擢して若いうちにトップさんに、というのがここ最近の人事傾向です。


そんな近年の流れのなか、宙組から明日海さんの相手役として組み替えしてこられた、花乃まりあちゃん。

組み替え後〜トップ就任してからもしばらくの間は、どこからともなく花乃ちゃんへの不安や不満を抱いた宝塚ファンも多いのではないでしょうか。友人からもれ聞いていましたし、正直なところ、わたしもすぐに喜ばしいとは感じませんでした。わたしの場合、それはひとえに、舞台にしろ人柄にしろ、「彼女がどんな人かまったく知らない」という恐れからきたものでしたが…。(なのでその後の色々で補完されていきました。)


わたしの花乃ちゃんへの好意の軸は、「顔がめっちゃタイプ」という、中学生かおまえはと聞こえてきそうな理由です。(いやほんとすみません、なにかと顔が入り口なんです。)
でもそれだけが惹かれる理由でなくなってきたのはいつからでしょうか。ひたむきな根性とか一途な心、自分の殻をやぶる勇気や、娘役のプライド。そういった成長を見せてくれたように思います。



花乃ちゃんの変化・コンビの成長

花乃ちゃんってすごいのでは!と思ったのは、梅田・台湾公演の『ベルサイユのばら/宝塚幻想曲 FANTASIA』でした。

前に観ていた全国ツアー公演で、明日海さんのフェルゼンは若くて見目麗しくて、情熱をもちながら自己を抑制する演技が印象的でした。それこそ明日海さんはベルばらのプロとして安心です。それは同時にアントワネット次第である、ということでもありました。

歌舞伎セリフですから、あまり感情が見えてこなかったり・その人の個性が皆無になったりと難しい演目です。しかも台湾版のため1幕に凝縮するとなると、謁見やオスカルの部屋もない…。贔屓の金髪のためにわたしは梅田まで……?とこんな顔(-_-)でした。


ですが、観劇してみるとどうでしょう。しっかりフェルゼンとアントワネットの物語として、王妃の生き様として成り立っていました。ベルばらを何周もしてるからこその脳内補完のおかげもあるかもしれません。とはいえ花乃ちゃんアントワネットは、物語を演技力で底上げしていたように感じました。

このときに、お歌もかなりお稽古したことが伝わってきました。無理に張り上げず、演技のうえで歌を歌い、心情を表現する方向にいったのは良い転換だったと思います。積み重ねが自信になり、自然と声量もあがったのではないでしょうか。その後のME AND MY GIRLで、彼女の努力は確かな実力になったと思います。


前の記事で語りつくしたので、割愛しますが、本当に彼女はサリーという役に懸けていたと思います。それだけ、すばらしいサリーでした。
あの公演によって、トップコンビの信頼関係がまた新たな進歩をとげたのでしょうか。二人のコンビネーションが良くなったのは気のせいではないでしょう。



トップ娘役であるということ。

ファンのわたしたちは、花乃ちゃんのなにもかもを知っているわけではもちろんありません。垣間見える表層に一喜一憂したり・憶測したりするしかできないわけです。堪えて、乗り越えて、人前では笑顔でいる。その大変さったら想像が追いつきません。

つらい時期をきっと何度も体験して、彼女たちは舞台で輝いている。花乃ちゃんにかぎらず、宝塚はそういう世界であると思い出したのでした。


全てが備わっているわけじゃない、けれど持っている強みがある。その心を持ち続け、挑戦し続ける強さが、トップ娘役さんの美しさだと思います。




いろいろと壮大なことを申しましたが、単純にきれいでかわいくて、髪型が凝ってておしゃれな花乃ちゃんがだいすきです……。女王様(役で)としてトップさんを奴隷(もちろん役で)にして去っていくあたり、なかなか歴代娘1としてはありえないですよね(語弊)!素敵です。

ということでわたしは11月に遠征してまいります。花乃ちゃんのさらなる成長がたのしみです。贔屓は……どうなるか……うーん。



かなしいことに、
またみりおんの記事も書かなくてはですね。

エリザベート・ロマネスクと、なるべく感想記事を簡潔にあげられるよう、がんばりまーす!

花組『ME AND MY GIRL』(B) 感想

おそくなりました。

Bパターンの感想まいります。


役替わりって正直、そこまで差異をかんじたことがなかったのです。そりゃ人は変わってるからなんとなく違いはでるけれど、物語の感じ方までは変わりませんでした。
ですがメインがここまで変わると別物ですね。意識的に「別物として仕上げた」演出でした。再演一本もので集客をあげるみごとな配役です。

花組の若い魅力がなせる技である反面、番手の絶妙なバランスも垣間見えるものでした。だからこそ、同じ舞台は二度とない、そんな公演かもしれません。



仙名彩世さんのマリアはすごい。

厳粛さはもちろんですが、「誇り高い貴族の人間」ということがより強く出ていました。へアフォード家の伝統を守り抜き、貴族としての義務を誇りに思うマリア。声音もあるのでしょうが、親戚からも恐れられ、若い人たちとの間にも大きな溝も感じられる、そんな演技にただただ圧倒されました。ゆきちゃんマジ主人公。

終盤、「ビルがあの子のことを本気で想っているだなんて思わなかったの…」「またあの騒がしい娘が帰ってきてくれないか、とさえ思うの…」と後悔を口にする場面。すごくしおらしく、弱ったような姿で、急にマリアおばさまがふつうの女性らしく見える瞬間です。そこでちゃんと慰め、プロポーズして抱きしめてくれるジョン卿、いえ、瀬戸さんのみんなの彼氏感………はあ……脱線したいところですが、戻ります。

ゆきちゃんは若手のときから芸達者な役者さんですから、新人公演も上級生の役だったり、イロモノだったりと、個性的なイメージの強い娘役さんでした。他の役者さんや、ときには自分の役より「仙名彩世」が立ってしまうほどの実力派です。ですがここ何公演か、上級生を相手にしたヒロイン(!)や、いわゆる娘役らしい役もこなし、すごく柔和な雰囲気も身につけられたように思います。

サリーとビルが物語の主軸ですが、Bパターンはサリーとマリアおばさまの物語に感じさせられます。そういう意味では、正統派ではないのかもしれません。こんなME MY新鮮でいいでしょう?という三木先生の顔が浮かびます。

ゆきちゃんは台詞の間合いも絶妙で、ただふつうに流れていくはずの台詞さえ、笑いに変えていました。始終真顔なのが良いですね。またはわざとらしいくらい、にこやかとか。(笑)Bパターンは(まあ…規格外なパーチェスターもあいまってか)客席の笑いが多いかもしれません。

(余談ですが、今度の全国ツアー「仮面のロマネスク」もトゥールベル夫人!なんなら駆け引きしまくりじれじれの主人公たちより、プレイボーイに翻弄され堕ちゆく人妻がいちばんおいしいです。)


花男でジョン卿、瀬戸かずやさん。

そんなお堅いマリアおば様のお相手、瀬戸かずやさん演じるジョン卿について。あきらさんはすごく歌がうまいとか演技がすごい!とかじゃないんですが、「宝塚の男役」たる要素をバランスよく兼ね備えた方です。いまの花組にとって貴重な人材ではないでしょうか?
そして演目にはかならず、そういう「宝塚の男役」のための役があるのです。しかも二枚目が板についてきたあきらさんのジョン卿、悪いはずがありません。
キキさんも好演でしたが、低い声のダンディなジョン卿はやはり素敵で、あきらさんにクラッとせざるをえませんでした。
また、『あきらさんがゆきちゃんを幸せにしてくれるの図』である、銀橋歌唱は何度みてもぐっときます。わたしたちの幸福はあの2人の笑顔……!


柚香光さんのキザで変人の弁護士。

Bパターンのコンセプトがわかりやすく提示されている役、それが柚香光さんのパーチェスターです。
変わり種としかいいようのない、歴代の自意識過剰さをさらに尖らせ、とびきり若くした弁護士といったかんじでしょうか。
そもそもこの役は、未沙のえるさんのイメージがガチガチに残っている役で、星条海斗さんのインパクトもあり、踏襲しようにも役者さんの色が濃くて難しい役です。

鳳真由さんのパーチェスターが真面目でひょうきんな正統派としたら、れいさんのパーチェスターは自由行動派。格好つけてますがどちらかといえば不真面目。行動が不審でとんでもないことをしますし、見た目の存在感がありすぎますが、これはこれで成功しているように思います。オリジナリティーがあり新鮮な役作りは目立っていますし、話題になりやすくていいですね。パーチェスターとしてどうか、と言われるとあかんやろと言わざるをえませんが。
再演という中で個性を強く出せている1人だと思います。また、彼女がこれだけ自由に役をつくれるひとだということも発見ですね。三木先生がよくGOを出したなとも思いますが。。

今回もまた、ジャッキーとパーチェスターという性別の違う二役で、ほんとうにほんとうに大変そうですが、どちらも明日海さんビルにたくさんかまってもらえて、きっと嬉しいことと思います。


花組トップコンビのすごさ。

A,Bパターンを数回を観劇しておもったのは、
「この叔母(マリア)あっての甥(ビル)だな」という繋がりの表現が明日海さんはお上手ですね。どちらのパターンも不思議と腑に落ちます。だからこそ、家族の中で変わるビルをみたサリーが、彼のルーツはここなんだ、ランベスにはないんだよ!と訴える。この流れが気持ちよくて好きです。
かのちゃんも日に日にいろんなことを試して成長しているかんじ。トップコンビ2人の、なにも言わなくてもわかる、というコンビネーションの成長もすばらしいです。毎公演、相手のことを大切に想う心と格闘しているんですもの…、たいへんなお稽古・本番を経てきていることがうかがえます。2人がハッピーであること、それがどんなにわたしの幸せか……!




記事が長くなりすぎました……。
一回につめこむとひどいものですね。愛があまってしかたないのです、大目にみてください。

公演もあと半月をすぎました。
のこりの期間も
さらに進化する花組さんに期待ですね。


ネタもたまっているし、
がんばって書き上げます!
ではまたー。


花組『ME AND MY GIRL』(B) 誕生日速報

こんばんは。

仕事の忙しさに拍車がかかるほど、
観劇まで加速していく太田です。

繁忙期ヤバイです。


急遽26日、観劇いたしました。明日海りおさんのお誕生日公演だったこともあり、すごく熱っぽくていい公演でしたので、あまりまとめず、ぽんぽんレポートしていきます。Bパターンの感想はもうすこし観劇を重ねてから出直してきます。

※水美舞斗さんの誕生日公演ソワレを観劇したので、最下部にすこし追記しました。



ねじのはずれたパーチェスターの気合い

ガチな明日海さんオタといえば柚香さんです。贔屓の話からですみません。ソワレの観劇でして、マチネも相当テンションが高かったとききました。わたしは通常運転のパーチェスターを知らないので、なんともいえないのですが…。と思いつつも柚香さんから明日海さんへの熱視線や、うれしそうなニヤニヤ(ご本人は隠してるつもりのすまし顔)など、しぬほどキモ可愛かったです。
あるビルとのひそひそ話で、パーチェスターが客席に背中をむけていたのですが、明日海さんがびっくり顔していました。なに、なに?なにしたのか、見えるようにお願いします!!!


フリー演技の夕霧らいさんに感謝

らいさん、今回はほぼフリー演技なかわいいおじいちゃま役。かわいいし、ボケの間がすばらしいです。やってくれるのはあなたしかいない!
フェアフォード家の家族会議ののち、高翔さんに連れられ下手にはけるときのアドリブが「…え? だれがうまれたのぉ〜?」。でした。
また、図書室でお酒をのんだビルがマントに隠して連れ去ってしまうシーンは「ハッピバースデートゥーユー♪」でした。らいさん、ファンの気持ちを汲んでくださりありがとうございました。


番外編
天使?かのちゃん天使?

本筋の主役ですから、あまりアドリブ場面も多くないのですが、ME AND MY GIRLの前、テーブルに座っておしゃべりするところですごいテンション。「ビル、なにする?なにするなにするなにするなにするっ?」と息つかずキャッキャ。天使カワイイ。涙をこらえて歌う「あごで受けとめて」の悲しい笑顔との対比がせつない……。

さいきんはこんなかんじなんですね。すっかり心つかまれてしまいました。愛にあふれたデュエットダンスのあと、パレードの銀橋でごあいさつする笑顔にキュンキュン……エンッジェルッ!氣志團のワンナイトカーニバルのメロディで)



ーーー追記ーーー


本日6/28も観劇してきました。
これで次の観劇はすこし後なので、
平日に無理してよかったです。(笑)


昨日は夕霧さんのお誕生日、ときたら今日は水美舞斗さんのお誕生日です。この明るい演目の公演期間に迎えられて嬉しいですね。

なにかあるかなー役替わり絡んでないしなーと思っていたのですが、ランベスクイーンで登場後、まわりとの雑談で和海さんなど(優波さんだったか…矢吹さんだったか…)に、やったらセクシーな顔でイヤリングを自慢しまくってました。なになに、なにそれプレゼントアピール!?おそらくランベスキングのまよぴーからでしょうか。にくいですね。ごちそうさまです!

その後クイーンとパーチェスターで組んで向かい合って踊ってました。いつものことなのかどうかはわからないのですが、(前回は柚香さんがメガネをなくしてパニクってるうちに流れたので)同期のデュエダンは楽しげでよかったです!



ひとまずこのあたりで、おわります。

今日の観劇で、Bパターンの骨格がみえてきたようにおもいます。どちらも好きですが、こっちはとくに濃いですね。

またあらためて書きます。


星組新トップ発表 他。


さて、予想どおり、
紅ゆずるさんと綺咲愛里さんのトップ就任ですね。
おめでとうございます!


コンビの略しかたは「べにあー」?
太田家では「さゆあ」のゴロが可愛いという結論に達しました。のばさず「さゆあ」。(笑)

新陳代謝がたいせつな宝塚にとって、新トップ誕生は喜ばしいことです。トップが変わることは組の風向きがかわることですし、それをたのしみにしてお客さんが入るのですから。一方、去るトップさんもいらっしゃるからさみしくもある、そんな変わり目ですね。


では以下より太田の個人的メモです。新トップコンビについてまとめてみました。(オタク向)


・・・・・


わたし自身は紅さんがとても好きだとも、嫌いだという程でもなく、個性的な二番手さんですよね、くらいのスタンスです。ファンの方にはすみませんが、ココが好き!と言えるところまでは追いつけていません…という感じでしょうか。
ただ、星組の中心的存在であることは間違いないですし、トップさんがムードメーカーという特性は組にとって大きな拠りどころになると思います。(雪組さんはちぎさんのもつ陽の空気がすごく作用していますよね)

すき・きらいの観点はすこし置いておいて、トップコンビの印象や思っていることを箇条書きしてみます。話半分にどうぞ。



紅ゆずるさん

・スタイルがめちゃくちゃよくて顔が小さいので、たまに舞台の奥とかにいると「よくわからないけどスラッとした人……?ああ、さゆみさんだったー!」となる。

・歌は地声タイプ。昔はひどく割れて聞き取れないこともありました。ですがここ最近はぐっとお上手になったような気がします。セリフ回しもお歌も、抑揚が独特なのでここで好みが分かれるのかも。

・アドリブが得意。どんなにちらかってもちゃんと面白くまとめるので、いつも感心してしまいます。紅さんのアドリブは、今日はなにをやってくれるだろう? という安定感があります。

先輩後輩からの人望があついイメージ。学年がある程度近いひとほど、紅さんを慕っているひとが多いように思います。上級生ですから厳しいこともたくさん言ってるとは思いますが、下級生さんの話をきいてると、新人公演での面倒見がいいっぽい。

・地毛のヘアセットはまじでいつもカッコイイ。だけどかつらは太田的にはいまいち。


綺咲愛里さん

・顔がちいさすぎる!手脚も長いけれど小柄なほうです。入り出でその華奢さにおどろきます。お化粧・かつら・アクセサリー、なにをとってもセンスがいいです。「LOVE&DREAM」のミニーヘアーはすごかった…。

・わたしがはじめてあーちゃんのお芝居を観たのは2014年の「太陽王」でしょうか。あの役は可愛かったです。Wヒロインで妃海さんと一緒だったのがなつかしい。

・当時の演技はひどいものでしたが、今はかなりうまくなりました。新人公演時の影響で、若干ねねちゃん風味。なんとなくの印象ですが、頭のネジはずれた可愛い子をやらせたらピカイチです。(褒めています)

・裏声で声が細くなるタイプ。地声は好きずきかも。音程をはずすことは少ないですが、演技をしながらソロを歌うのはまだすこし拙いです。高音はだいぶよくなりました。キャッチミーでもだいぶ鍛えましたし、演目次第でもっと伸びそうです。


どんな星組になる?

・生え抜きコンビ、満を持してです。組子もついて行きやすいでしょうね。見目麗しくて華やかなコンビなので、明るい純愛ものとか似合いそう。お披露目もそんなかんじでしょうか。コメディとかもすごそうです。ドッタンバッタンが好きな方に受けそう。スタイルが良いのでコスチューム物も多くなるかもしれません。

・歌やダンスが達者なコンビではないので、ひたすら脚本が勝負になってきそうです。演出家不足のなか大変ですが、肝は舞台内容です。おそらく王道の王子様系はなさそう。

・触れてませんでしたが、ダンスは二方ともまあまあ普通です。紅さんが若干硬いかも?(さいきんのレビューはソロで踊ったりはほぼないです)とはいえそのときにはそれなりの演出でカバーされるので気にならないと思います。

・大活躍が予感されるのが、礼真琴さんですね。おそらくしっかり2番手になるのではないでしょうか。2.5番手に七海ひろきさんかしら?かいちゃんは紅さんと仲良しなので、ここのコンビネーションもたのしみです。3番手並立で麻央さん十碧さんあたりですかね。これは盛り上がりそうです。


・・・・・


ざっと駆け抜けましたが、
わたしからみた新トップコンビでした。

みちふうという芸達者コンビの後は、誰がきてもハードルが高いかもしれません。新トップが前トップと比較されてしまうのはしかたがありませんが、前の方とは違う良さや特色が自然とでてくるものですから、それを楽しみにしようと思います。天彩峰里さんの応援もしなくてはいけないし…!!(本音)


これからは気がむいたら、
こういったことも記事にしたいとおもいます。
ではまたー。

星組『こうもり/THE ENTERTAINER!!』感想2

もうすぐ星組さんも千秋楽ですね。

というかのんびり書いているうちに明日です。


今回は5月しか観劇ができなかったので、
すこし物足りなかったですが、節約、節約。姉が入り出に通いつめているので、ときたまレポをきいてはギャワーーとなっていました。

感想2は『THE ENTERTAINER‼︎』です。




まず、総評をよろしいですか。以下、好き勝手いうのでどうぞ広いお心で読み進めてください。


けっこう本気で、野口先生がこれからのレビュー演出を担っていくのでは…!というくらい好みでした。

THE 宝塚という人海戦術や、クラシカルな小物づかいが最近としては見ないもので、眼が楽しかったです。また、北翔海莉さんという超芸達者なトップさんの変身劇もおもしろかったです。
コーラスラインへの宝塚的アプローチ?は昔からありますが、ずっとちえさんのもとイケイケぎらぎらだった星組さんがやると、また新鮮でよかったです。

やっぱり、レビューはトップさんや組の特性に合っていて、かつ、内容もおもしろくなくてはいけません。(これ、すごく贅沢いってます)
特性に合っていても、内容がいまいちのショーは、キャラ萌え・演者萌えだけになってしまいます。それもとても楽しいけれど、一方どこか耐える場面があったり、なかだるみしてしまうのも事実です。
わたしは失礼ながらそういったときのことを『おネム』と呼んでいます。多少宝塚にくわしく、演目やジェンヌさんの好きずきがあると、おネムがまったくない演目のほうが珍しいのですけどね。


昨年、野口先生演出のバウホール公演『A-EN』を観劇しました。公演の詳細はこちらをどうぞ。

2バージョンある中の朝美絢さんの日を観劇しまして(美人好きですみません)、わたしは朝美さんを筆頭とした月組の若手に打ちのめされたのでした。
若手のみなさんの輝きがいつもの新人公演やショーとは段違いの演目でした。バウホール公演という少人数のチームだからというだけではなく、一人一人が本当に生き生きとした舞台だったのです。適材適所の配役とキャラクターを過剰に立たせる演出によって、そのジェンヌさんの個性が光る公演だったように思います。
なにより、朝美さんがあの公演から、あきらかに男役の技術や自己プロデュース力を磨かれたように感じます。ファンサービスも心なしか豊かに…?どうですか、あーさファンのみなさま。……脱線してすみません。



そしてA-ENから、今回の野口先生大劇場デビュー作品、『THE ENTERTAINER‼』です。

先にも述べたように、北翔さんのクラシカルな感じといまの星組のバラエティ豊かな組子が成し得たレビューでした。お一人お一人に「あれ?なんか新境地!!」という感じがありました。


とくにわかりやすかったのは礼真琴さんでしょうか。正3番手扱いになって大劇場ではじめての男役でしたから、そのギャップもあるのかもしれませんが。もんのすごいオラオラ真ん中感で、そりゃもうどこにいても輝きまくってました。『Dear DIAMOND‼︎』や『Amourそれは…』ではここまでスター感なかったよ…聞いてないよ……!と興奮しました。
同期の瀬央ゆりあさんも、見せ場があって良かったです。いつもちょっとおもしろいところがピックアップされがちですが(そんなところが愛しいのです)、バシッとカッコいいところもアピールできたんじゃないでしょうか。でもセーラー服の水兵さんは可愛いかったです。

あと個人的には、96期男役さんに目移りしまくりでしたね。下手に朝水りょうさん拓斗れいさん紫藤りゅうさんがならんだときは、前方にバチバチのファンサで、死ぬかと思いました。わたしはたくてぃーのウインクのためなら身投げできますよ。夏樹れいさんも、かなり濃ゆかったですね!女役で歌わせようだなんて贅沢な。


ご本人の努力あってこそとは思いますが、そこから新たな一面を引き出す力が野口先生にはあるのかも…と期待せずにはおれません。
また、ジェンヌさんの個性をつかんでいるので、使いどころが絶妙ですよね。

ベニーカメレオンの場面は、いまの星組にしかできないのではないでしょうか。北翔さんと紅さんが絶妙なかけあいで、コスプレ隊が可愛くて、ダンス隊が超イケメンで。げに恐ろしき星男かな……。


ところどころ、娘役さんの使い方は物足りなさが残りました。そういうところでは、稲葉先生や藤井先生くらいバーーンと見せ場があると嬉しいものです。
ここだけの話ですが、あーちゃんとハルコさんが同列の場面が多くて意外でした。いつもならあーちゃんがもうすこし目立つ役回りなので。

妃海風さんが好きなので、トップ娘役の見せ場がもっと欲しかったという気もしますが……、いつも最後のデュエットダンスで雑念がふっ飛んでしまうのですよね。トップコンビが競い合うようなデュエダンもセクシーですが、スローにロマンチックなものが一番だなあと思いました。みちふうのロマンチックムードの真骨頂はデュエダンですよね!


あとはひたすらに、天彩峰里さんをストーキングでした。こうやって文章にすると気持ちが悪いですね、いや、しかたありません!好きなのですから。

真彩希帆さん・小桜ほのかさん・天彩峰里さん・星蘭ひとみさんが紅さんをかこむ場面は天国としかいいようが……。かわいこちゃんが羽根扇をフワッフワしてくれるんですよ。なんとうらやましいのでしょう。
他には彩園ひなさん、澄華あまねさんもかわいらしかったです。




長くなりすぎましたが、
こんなところで、おしまいにします。

無事千秋楽を迎えられますように。
(そんで、まいける帰ってきてね!!)

次回は退団公演ですか、さみしくなります。


花組『ME AND MY GIRL』(A) 感想2


間が空いてしまいました。感想2です。

空きすぎて、先日は千秋楽でした。
いよいよ東京公演が待ちきれません。
ああ、大丈夫かしら、わたし。



前回はがんばって全体的なお話をしたのですが、今回は気になった演者さんのことを。あとはすみません、ご贔屓の話を…すこし(でおさまるかどうか…)。



まずはやっぱりME AND MY GIRLの花形、ジャッキーとジェラルドのカップル。(Aパターン)
おいしいですよね、この2人は。しかも男役さんが演じるセクシーな女役!歴代キャストがすごく個性的で、そのときの良さがある役です。


ですが……それを自分のご贔屓がやるとなったときは驚きと恐れでおっかなびっくりなわけです。
というわけで、柚香光さんのジャッキーと、相手役の(感謝)水美舞斗さんについて。

たくましい(!)柚香さんのジャッキーが成り立つのは、水美さんのヘタレなジェラルドのおかげです。ほんとうにありがとうございます!
腕筋がたまにちらりと目にはいることを置いておけば、気の強いお嬢さまとしては完璧でした。(天真爛漫で自由で華やかって、ご本人に近いような…。)お歌と女役の発声が、心配だったのですが、思いのほかできていてほっとしました、高音は苦手ですが…。それにしてもちゃんと可愛いことに驚きました。もっと高慢なかんじをイメージしていたのですが、なんだかんだジェラルドのことも大好きで、誘惑もキュートでした。
初日空けて4日目とかだったので、まだまだ余裕はなさそうでしたが、いまごろもっとノリノリでしょうか。体幹のいいジャッキー、東京もたのしみです。


一方、ジェラルドの水美さん。ヘタレがハマりすぎでつい忘れがちですが、本来この人は超オラオラ系です。燕尾での存在感にびっくりしました。シマウマみたいなボンボンの坊っちゃんからどうしたらそんなのチーターのごとくしなやかなジゴロに……(絶句)

ジェラルドって個性がつけづらい役かもしれませんね。キャラが薄いとかではないのですが、インパクトのある彼女が横にいるからでしょうか。思いの外、セリフもナンバーも少なくて、もっと見ていたかったです。(Bパターンでこれを芹香さんがやるとは、なんだか出番的にもったいないかんじ。すごく似合うとおもいますが。)
それにしても水美さんかわいいの一言です。金髪真ん中わけってすごい破壊力!2人揃えてフィギュアにして飾りたい。ファンの共通の願いではないでしょうか。



では、おふざけなしのマリアおば様。桜咲彩花さん。ここ最近の役付きでグンッと表現の幅が広がった感じがいたします。口うるさくて真面目で頑固。上流階級を体現してくれる彼女がいるからこそ、身分ちがいの恋もぐっと切なくなるというものです。歴代マリアおば様のなかでも、かなりお若いので、ジョン卿との恋もとても自然でキュートなかんじ。自分にない柔軟さがある男性に惹かれ、甥の自由な生き方を認める、潔くうつくしい女性でした。



番外編。瀬戸かずやさん。
Aパターンなので、あきらさんとちなつさんはモブやランベスキング・クイーン。まあそれはただただカッコよかったのですが、最後の銀橋の歌唱ヤバくなかったですか!!?ヤバかったです!
the花組の男役。華やかで、キザで、優しいんです。べーちゃんの幸せオーラもあいまってクラクラきます。そりゃ役替わりさせたい。
ジョンとビルが酔っ払って歌う場面がありますが、ひざ枕にチッスにハグに、これがあきらさんとなると……犯罪では……と即座に脳内変換されました。そのつながりで白状しますと、ご贔屓のピンクのドレスをみて、こりゃちなつさんはエロいなとも確信しました。

Bパターンを観劇されたみなさま、とても羨ましいです。いかがでしたでしょうか。



そして今回退団公演の鳳真由さん。
まよぴーのパーチェスター。
もっともっと悪ノリできそうなポテンシャルを秘めたまま、真面目に終わり。そういう役ですが、それをきちんとやれる人もいないんじゃないかな。真面目に真面目にやってるからおかしい、そういう役がほんとうに似合います!どこか人懐こいかんじがすごく好きでした。



他に素敵だなあ〜と思ったのは、
城妃美怜さん!組み替え直前に好きになったクチですが、めちゃくちゃ垢抜けて可愛らしくなりました。メイドの中でも一際目立ちます。新人公演のサリーのお衣装も似合っていました。
音くり寿さんも、いろいろな場面で活躍されていました。これからのイチオシ、といったところでしょうか。新人公演のお歌も良かったですし、これからに期待ですね!……といいつつ同じ100期さんなら華優希さんの美しいメイド姿も見どころです!新源氏の新人公演の若紫も別嬪でしたが、今回もまばゆい美しさでした。(すこし離れ目なのが、お化粧が似合ってかわいいんです)
ほかにも花組にはたくさんのオペラ泥棒(どことなくオペラで観ていると、どこかからあらわれたジェンヌさんに視線(オペラグラス)を盗まれ、追ってしまうこと)テクの男役さんばかりで、たいへんでした。しあわせ。




さて、東京公演でBパターンも観劇できるので、ひと安心で初日を待てます。ますます磨きがかかってるにちがいない、花組さんがとても楽しみです。
しつこくまた感想を書き連ねると思いますが、よろしくお願いします。


星組『こうもり/THE ENTERTAINER!!』感想1


予定になかった観劇を、急遽してしまいました。
しかたない、しかたないのです。
ギラギラしたショーが恋しかったのです。
星組の男役さんにじっとり釣られてまいりました。

どうも、太田です。


星組さんは…宝塚への初恋の組でして、
ご贔屓の方はおらずとも、いつも結局「うおおおすきだあぁあ!!」と心乱されてしまう組であります。組子隅々まで目移りさせてくれる、そんな強みがある組です。

では、感想まいりますー。



こうもりは、一応原作ものですね。
谷正純先生のアレンジで、より恋愛色を足したのかもしれませんが、ちょっと1幕では無理があるように見えてしまいました。
うーん、こういうのは1幕劇あるあるですが、トップコンビのがんばりに頼ってしまうのは、違いますよねー。その点だけ、気になりました。

あとは随所に谷先生のロマンチック節炸裂でした〜〜。演者のみなさんのセリフまわしからかなり夢夢しいかんじ。多少、間延びする傾向の先生ですが、こんかいは1幕しかないこともあり、テンポはまずまずよかったです。
星組もコメディつづきで楽しい。



北翔海莉さん・紅ゆずるさんのアドリブは、板についていて安心してみれます。ここは、北翔さんがほんとうにプロフェッショナルですよね。アドリブは、一歩まちがうと本筋から脱線して見えがちですが、みなさんとてもお上手でした。
星組さんなので、始終演技はハデですが…ドタバタ劇にはとても似合っています。下級生まですごく細かいお芝居をしているので、ほんといつも眼が足りません。


歌はTheオペレッタ
かなり難しい歌ばかり。しかも踊って、演技して。こんなことを形にできるタカラジェンヌさんってほんとうすごいなあ…。
妃海風さんは発声がよりオペラに。かなり鍛えたのではないでしょうか。コミカルなオペラのシーンっていいですよね、おしゃれでおとぼけで。博士のラボでの歌や、メイドちゃんたちのナンバーがお気に入りです。飲めぬやつらはつまみだすのだ〜♪も。


そんなオペラ楽曲を難なくこなしながら、演技もバッチリ、聞き取りやすい声、ダンスはあうんの呼吸。誉れ高き95期!礼真琴さん妃海さん、すごかったです。
あの二人のシーン、けっこう大変なことをしているのに、サラッと過ぎていきます。小物もローブもあるのに、かけあいもナンバーもすべて完璧で…。
夫婦漫才感では紅夫妻よりこちらに軍配でした。
場面は前後しますが、女神像のうしろで、女神のフリをして歌う琴さんの美しい歌声ったら…。もうすこし長く聴いていたかったと思うくらい、うっとりでした。わたし、こんなに琴さんのこと好きだったのね。すべてうますぎて、手を合わせたくなります。


そしてこの世界観で特筆すべきは、なんといってもトップコンビの醸し出す、ロマンチックなムードです。

「そんな恋愛ありかよ」という歪んだわたしをねじ伏せてくれるほどのうっとりラブラブ。しかも大人びたカップルだからこその色香があって。お客さんをひきこむ力が、さすが上級生です。
キスを…のシーンは、周りがキスするなか、なかなかキスせず、ぎりぎりまで見つめあっている二人。幻想的なコーラス(カゲコーラスは、美稀ちぐさん・七海さん・メイドちゃんたち!だそうですよ。豪華〜!)もあいまって何度見てもドキドキします。

欲を言うと、もっと出会いのところから盛り上げがほしかったですが、1幕劇ですものね、難しいのかも。


十輝いりすさんが本公演で退団ですか…。また寂しくなりますね。ともみん(夢乃聖夏)が退団したときもそうでしたが、組み替えスターさんの退団は感慨深いものがあります。上級生さんが辞めていかれるのは、悲しいやら、誇らしいやら。
とぼけた署長と、酔っぱらい看守のみきちぐさん演じるフロッシュ。最高でした。




さてここまでは長い長い前フリでして、わたしが一番書きたかったのは『いかにメイドちゃんたちが可愛いか』という話です。唐突にごめんなさい。

個性豊かなメイドちゃんたち、ワーワーきゃあきゃあ、なんかノリが女子高生みたいでめちゃくちゃ可愛かったです。たぶんそんなに真面目に仕事してないところがまた可愛い。


まずはお姉さん、妃白ゆあさんから。この方も今回が退団公演です。ゆあちゃんの大きな瞳とピョンピョンする姿を眼に焼き付けました。チャキチャキした娘役の多い星組のなかで、おしとやか担当のイメージです。眼に光が集まるのか、ほんとに笑顔がキラキラしていて素敵でした。
二番めは、真彩希帆さん。お歌がとてもお上手な娘役さん。この方も瞳が大きくてパチパチっとまばたきすると星が舞いそうです。しばらくは花娘の印象が残っていたのですが、立派におてんばな星娘でした。ディズニー感あふれていてとっても可愛かった!!フリルのエプロンがほんとうにお似合いです。
次は99期さんから抜擢の、小桜ほのかさん。あいこちゃんほんとうに可愛い。可愛すぎてそれ以外に言葉が見つからない!LOVE&DREAMでも目立っていたので、大劇場もくるだろうと思っていました。メイドちゃんの中でもぽんやりしたキャラクターなのか、はたまた地でいってるのか、なんとも小悪魔…。
さいごは、100期さんから天彩峰里さん。いま、いちばん推しています。冒頭、贔屓はいないとかいってすみませんでした。フルフルした三つ編み!せわしない仕草!豊かな表情…!遠目でもわかるほど、なんというか、キュルキュルしています。LOVE&DREAMでのお歌がとても印象的だったので、今回すこしだけでもコーラスが聴けて嬉しかったです。お姉さんメイドたちにからかわれたり、おどけてみせたりと、とっても可愛くてたまらなかった。あ、すみませんみなさん、ついてきていますか?


そして後々ファルケ博士の助手たちとカップルになるわけですが、この組み合わせを考えた谷先生ってすごいなと。
麻央さんときいちゃん・瀬央さんとほのかちゃん・十碧さんとみねりん・紫藤さんとゆあちゃん。
いいですか、頭の中で並べてください。紫藤さんとゆあちゃん!(二回目)
相手役はおおよそ学年順が定石ですが、こうきたかという感じでありながら、しっかり並んだ姿がお似合いカップルで身悶えしました。ゆあさんに紫藤さんって!年下彼氏(かつ王子)!

宝塚的萌えはこういう脇役にこそ宿ることを、ほんとうによくわかっていらっしゃる。メイドちゃんたちのためだけにもう一回観劇したいほど、好きになってしまいました。



今回はセットがとても好みでした。

ああいう電飾もたっぷりの華美なセットもたまにはいいですね、ベルばら気分になれます。ところどころ現れる柄のカーテンも凝っていました。あー宝塚観たわーって感じ。追記:2回目以降の観劇では目が慣れたこともあり、暗めのシーンで電飾だけ輝く舞台は、若干目がチカチカして気になりました…。でも真っ暗よりいいか!(あてつけ)

お衣装で真顔にもどってしまいます…が、あれくらい派手でないと、ということですかね。輪っかのドレスにボーン!と花……。娘役さんみなさん髪型凝っていて!スゴ技におどろきでした。



そんなところでしょうか。
いろいろガマンしてまたの機会に。
いまの星組さんは、
娘役さんが粒ぞろいなんですよ!


では次回へつづきます〜。