宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

星組『こうもり/THE ENTERTAINER!!』感想1


予定になかった観劇を、急遽してしまいました。
しかたない、しかたないのです。
ギラギラしたショーが恋しかったのです。
星組の男役さんにじっとり釣られてまいりました。

どうも、太田です。


星組さんは…宝塚への初恋の組でして、
ご贔屓の方はおらずとも、いつも結局「うおおおすきだあぁあ!!」と心乱されてしまう組であります。組子隅々まで目移りさせてくれる、そんな強みがある組です。

では、感想まいりますー。



こうもりは、一応原作ものですね。
谷正純先生のアレンジで、より恋愛色を足したのかもしれませんが、ちょっと1幕では無理があるように見えてしまいました。
うーん、こういうのは1幕劇あるあるですが、トップコンビのがんばりに頼ってしまうのは、違いますよねー。その点だけ、気になりました。

あとは随所に谷先生のロマンチック節炸裂でした〜〜。演者のみなさんのセリフまわしからかなり夢夢しいかんじ。多少、間延びする傾向の先生ですが、こんかいは1幕しかないこともあり、テンポはまずまずよかったです。
星組もコメディつづきで楽しい。



北翔海莉さん・紅ゆずるさんのアドリブは、板についていて安心してみれます。ここは、北翔さんがほんとうにプロフェッショナルですよね。アドリブは、一歩まちがうと本筋から脱線して見えがちですが、みなさんとてもお上手でした。
星組さんなので、始終演技はハデですが…ドタバタ劇にはとても似合っています。下級生まですごく細かいお芝居をしているので、ほんといつも眼が足りません。


歌はTheオペレッタ
かなり難しい歌ばかり。しかも踊って、演技して。こんなことを形にできるタカラジェンヌさんってほんとうすごいなあ…。
妃海風さんは発声がよりオペラに。かなり鍛えたのではないでしょうか。コミカルなオペラのシーンっていいですよね、おしゃれでおとぼけで。博士のラボでの歌や、メイドちゃんたちのナンバーがお気に入りです。飲めぬやつらはつまみだすのだ〜♪も。


そんなオペラ楽曲を難なくこなしながら、演技もバッチリ、聞き取りやすい声、ダンスはあうんの呼吸。誉れ高き95期!礼真琴さん妃海さん、すごかったです。
あの二人のシーン、けっこう大変なことをしているのに、サラッと過ぎていきます。小物もローブもあるのに、かけあいもナンバーもすべて完璧で…。
夫婦漫才感では紅夫妻よりこちらに軍配でした。
場面は前後しますが、女神像のうしろで、女神のフリをして歌う琴さんの美しい歌声ったら…。もうすこし長く聴いていたかったと思うくらい、うっとりでした。わたし、こんなに琴さんのこと好きだったのね。すべてうますぎて、手を合わせたくなります。


そしてこの世界観で特筆すべきは、なんといってもトップコンビの醸し出す、ロマンチックなムードです。

「そんな恋愛ありかよ」という歪んだわたしをねじ伏せてくれるほどのうっとりラブラブ。しかも大人びたカップルだからこその色香があって。お客さんをひきこむ力が、さすが上級生です。
キスを…のシーンは、周りがキスするなか、なかなかキスせず、ぎりぎりまで見つめあっている二人。幻想的なコーラス(カゲコーラスは、美稀ちぐさん・七海さん・メイドちゃんたち!だそうですよ。豪華〜!)もあいまって何度見てもドキドキします。

欲を言うと、もっと出会いのところから盛り上げがほしかったですが、1幕劇ですものね、難しいのかも。


十輝いりすさんが本公演で退団ですか…。また寂しくなりますね。ともみん(夢乃聖夏)が退団したときもそうでしたが、組み替えスターさんの退団は感慨深いものがあります。上級生さんが辞めていかれるのは、悲しいやら、誇らしいやら。
とぼけた署長と、酔っぱらい看守のみきちぐさん演じるフロッシュ。最高でした。




さてここまでは長い長い前フリでして、わたしが一番書きたかったのは『いかにメイドちゃんたちが可愛いか』という話です。唐突にごめんなさい。

個性豊かなメイドちゃんたち、ワーワーきゃあきゃあ、なんかノリが女子高生みたいでめちゃくちゃ可愛かったです。たぶんそんなに真面目に仕事してないところがまた可愛い。


まずはお姉さん、妃白ゆあさんから。この方も今回が退団公演です。ゆあちゃんの大きな瞳とピョンピョンする姿を眼に焼き付けました。チャキチャキした娘役の多い星組のなかで、おしとやか担当のイメージです。眼に光が集まるのか、ほんとに笑顔がキラキラしていて素敵でした。
二番めは、真彩希帆さん。お歌がとてもお上手な娘役さん。この方も瞳が大きくてパチパチっとまばたきすると星が舞いそうです。しばらくは花娘の印象が残っていたのですが、立派におてんばな星娘でした。ディズニー感あふれていてとっても可愛かった!!フリルのエプロンがほんとうにお似合いです。
次は99期さんから抜擢の、小桜ほのかさん。あいこちゃんほんとうに可愛い。可愛すぎてそれ以外に言葉が見つからない!LOVE&DREAMでも目立っていたので、大劇場もくるだろうと思っていました。メイドちゃんの中でもぽんやりしたキャラクターなのか、はたまた地でいってるのか、なんとも小悪魔…。
さいごは、100期さんから天彩峰里さん。いま、いちばん推しています。冒頭、贔屓はいないとかいってすみませんでした。フルフルした三つ編み!せわしない仕草!豊かな表情…!遠目でもわかるほど、なんというか、キュルキュルしています。LOVE&DREAMでのお歌がとても印象的だったので、今回すこしだけでもコーラスが聴けて嬉しかったです。お姉さんメイドたちにからかわれたり、おどけてみせたりと、とっても可愛くてたまらなかった。あ、すみませんみなさん、ついてきていますか?


そして後々ファルケ博士の助手たちとカップルになるわけですが、この組み合わせを考えた谷先生ってすごいなと。
麻央さんときいちゃん・瀬央さんとほのかちゃん・十碧さんとみねりん・紫藤さんとゆあちゃん。
いいですか、頭の中で並べてください。紫藤さんとゆあちゃん!(二回目)
相手役はおおよそ学年順が定石ですが、こうきたかという感じでありながら、しっかり並んだ姿がお似合いカップルで身悶えしました。ゆあさんに紫藤さんって!年下彼氏(かつ王子)!

宝塚的萌えはこういう脇役にこそ宿ることを、ほんとうによくわかっていらっしゃる。メイドちゃんたちのためだけにもう一回観劇したいほど、好きになってしまいました。



今回はセットがとても好みでした。

ああいう電飾もたっぷりの華美なセットもたまにはいいですね、ベルばら気分になれます。ところどころ現れる柄のカーテンも凝っていました。あー宝塚観たわーって感じ。追記:2回目以降の観劇では目が慣れたこともあり、暗めのシーンで電飾だけ輝く舞台は、若干目がチカチカして気になりました…。でも真っ暗よりいいか!(あてつけ)

お衣装で真顔にもどってしまいます…が、あれくらい派手でないと、ということですかね。輪っかのドレスにボーン!と花……。娘役さんみなさん髪型凝っていて!スゴ技におどろきでした。



そんなところでしょうか。
いろいろガマンしてまたの機会に。
いまの星組さんは、
娘役さんが粒ぞろいなんですよ!


では次回へつづきます〜。