宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

花組『ME AND MY GIRL』(A) 感想2


間が空いてしまいました。感想2です。

空きすぎて、先日は千秋楽でした。
いよいよ東京公演が待ちきれません。
ああ、大丈夫かしら、わたし。



前回はがんばって全体的なお話をしたのですが、今回は気になった演者さんのことを。あとはすみません、ご贔屓の話を…すこし(でおさまるかどうか…)。



まずはやっぱりME AND MY GIRLの花形、ジャッキーとジェラルドのカップル。(Aパターン)
おいしいですよね、この2人は。しかも男役さんが演じるセクシーな女役!歴代キャストがすごく個性的で、そのときの良さがある役です。


ですが……それを自分のご贔屓がやるとなったときは驚きと恐れでおっかなびっくりなわけです。
というわけで、柚香光さんのジャッキーと、相手役の(感謝)水美舞斗さんについて。

たくましい(!)柚香さんのジャッキーが成り立つのは、水美さんのヘタレなジェラルドのおかげです。ほんとうにありがとうございます!
腕筋がたまにちらりと目にはいることを置いておけば、気の強いお嬢さまとしては完璧でした。(天真爛漫で自由で華やかって、ご本人に近いような…。)お歌と女役の発声が、心配だったのですが、思いのほかできていてほっとしました、高音は苦手ですが…。それにしてもちゃんと可愛いことに驚きました。もっと高慢なかんじをイメージしていたのですが、なんだかんだジェラルドのことも大好きで、誘惑もキュートでした。
初日空けて4日目とかだったので、まだまだ余裕はなさそうでしたが、いまごろもっとノリノリでしょうか。体幹のいいジャッキー、東京もたのしみです。


一方、ジェラルドの水美さん。ヘタレがハマりすぎでつい忘れがちですが、本来この人は超オラオラ系です。燕尾での存在感にびっくりしました。シマウマみたいなボンボンの坊っちゃんからどうしたらそんなのチーターのごとくしなやかなジゴロに……(絶句)

ジェラルドって個性がつけづらい役かもしれませんね。キャラが薄いとかではないのですが、インパクトのある彼女が横にいるからでしょうか。思いの外、セリフもナンバーも少なくて、もっと見ていたかったです。(Bパターンでこれを芹香さんがやるとは、なんだか出番的にもったいないかんじ。すごく似合うとおもいますが。)
それにしても水美さんかわいいの一言です。金髪真ん中わけってすごい破壊力!2人揃えてフィギュアにして飾りたい。ファンの共通の願いではないでしょうか。



では、おふざけなしのマリアおば様。桜咲彩花さん。ここ最近の役付きでグンッと表現の幅が広がった感じがいたします。口うるさくて真面目で頑固。上流階級を体現してくれる彼女がいるからこそ、身分ちがいの恋もぐっと切なくなるというものです。歴代マリアおば様のなかでも、かなりお若いので、ジョン卿との恋もとても自然でキュートなかんじ。自分にない柔軟さがある男性に惹かれ、甥の自由な生き方を認める、潔くうつくしい女性でした。



番外編。瀬戸かずやさん。
Aパターンなので、あきらさんとちなつさんはモブやランベスキング・クイーン。まあそれはただただカッコよかったのですが、最後の銀橋の歌唱ヤバくなかったですか!!?ヤバかったです!
the花組の男役。華やかで、キザで、優しいんです。べーちゃんの幸せオーラもあいまってクラクラきます。そりゃ役替わりさせたい。
ジョンとビルが酔っ払って歌う場面がありますが、ひざ枕にチッスにハグに、これがあきらさんとなると……犯罪では……と即座に脳内変換されました。そのつながりで白状しますと、ご贔屓のピンクのドレスをみて、こりゃちなつさんはエロいなとも確信しました。

Bパターンを観劇されたみなさま、とても羨ましいです。いかがでしたでしょうか。



そして今回退団公演の鳳真由さん。
まよぴーのパーチェスター。
もっともっと悪ノリできそうなポテンシャルを秘めたまま、真面目に終わり。そういう役ですが、それをきちんとやれる人もいないんじゃないかな。真面目に真面目にやってるからおかしい、そういう役がほんとうに似合います!どこか人懐こいかんじがすごく好きでした。



他に素敵だなあ〜と思ったのは、
城妃美怜さん!組み替え直前に好きになったクチですが、めちゃくちゃ垢抜けて可愛らしくなりました。メイドの中でも一際目立ちます。新人公演のサリーのお衣装も似合っていました。
音くり寿さんも、いろいろな場面で活躍されていました。これからのイチオシ、といったところでしょうか。新人公演のお歌も良かったですし、これからに期待ですね!……といいつつ同じ100期さんなら華優希さんの美しいメイド姿も見どころです!新源氏の新人公演の若紫も別嬪でしたが、今回もまばゆい美しさでした。(すこし離れ目なのが、お化粧が似合ってかわいいんです)
ほかにも花組にはたくさんのオペラ泥棒(どことなくオペラで観ていると、どこかからあらわれたジェンヌさんに視線(オペラグラス)を盗まれ、追ってしまうこと)テクの男役さんばかりで、たいへんでした。しあわせ。




さて、東京公演でBパターンも観劇できるので、ひと安心で初日を待てます。ますます磨きがかかってるにちがいない、花組さんがとても楽しみです。
しつこくまた感想を書き連ねると思いますが、よろしくお願いします。