読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

星組新トップ発表 他。

宝塚 雑記


さて、予想どおり、
紅ゆずるさんと綺咲愛里さんのトップ就任ですね。
おめでとうございます!


コンビの略しかたは「べにあー」?
太田家では「さゆあ」のゴロが可愛いという結論に達しました。のばさず「さゆあ」。(笑)

新陳代謝がたいせつな宝塚にとって、新トップ誕生は喜ばしいことです。トップが変わることは組の風向きがかわることですし、それをたのしみにしてお客さんが入るのですから。一方、去るトップさんもいらっしゃるからさみしくもある、そんな変わり目ですね。


では以下より太田の個人的メモです。新トップコンビについてまとめてみました。(オタク向)


・・・・・


わたし自身は紅さんがとても好きだとも、嫌いだという程でもなく、個性的な二番手さんですよね、くらいのスタンスです。ファンの方にはすみませんが、ココが好き!と言えるところまでは追いつけていません…という感じでしょうか。
ただ、星組の中心的存在であることは間違いないですし、トップさんがムードメーカーという特性は組にとって大きな拠りどころになると思います。(雪組さんはちぎさんのもつ陽の空気がすごく作用していますよね)

すき・きらいの観点はすこし置いておいて、トップコンビの印象や思っていることを箇条書きしてみます。話半分にどうぞ。



紅ゆずるさん

・スタイルがめちゃくちゃよくて顔が小さいので、たまに舞台の奥とかにいると「よくわからないけどスラッとした人……?ああ、さゆみさんだったー!」となる。

・歌は地声タイプ。昔はひどく割れて聞き取れないこともありました。ですがここ最近はぐっとお上手になったような気がします。セリフ回しもお歌も、抑揚が独特なのでここで好みが分かれるのかも。

・アドリブが得意。どんなにちらかってもちゃんと面白くまとめるので、いつも感心してしまいます。紅さんのアドリブは、今日はなにをやってくれるだろう? という安定感があります。

先輩後輩からの人望があついイメージ。学年がある程度近いひとほど、紅さんを慕っているひとが多いように思います。上級生ですから厳しいこともたくさん言ってるとは思いますが、下級生さんの話をきいてると、新人公演での面倒見がいいっぽい。

・地毛のヘアセットはまじでいつもカッコイイ。だけどかつらは太田的にはいまいち。


綺咲愛里さん

・顔がちいさすぎる!手脚も長いけれど小柄なほうです。入り出でその華奢さにおどろきます。お化粧・かつら・アクセサリー、なにをとってもセンスがいいです。「LOVE&DREAM」のミニーヘアーはすごかった…。

・わたしがはじめてあーちゃんのお芝居を観たのは2014年の「太陽王」でしょうか。あの役は可愛かったです。Wヒロインで妃海さんと一緒だったのがなつかしい。

・当時の演技はひどいものでしたが、今はかなりうまくなりました。新人公演時の影響で、若干ねねちゃん風味。なんとなくの印象ですが、頭のネジはずれた可愛い子をやらせたらピカイチです。(褒めています)

・裏声で声が細くなるタイプ。地声は好きずきかも。音程をはずすことは少ないですが、演技をしながらソロを歌うのはまだすこし拙いです。高音はだいぶよくなりました。キャッチミーでもだいぶ鍛えましたし、演目次第でもっと伸びそうです。


どんな星組になる?

・生え抜きコンビ、満を持してです。組子もついて行きやすいでしょうね。見目麗しくて華やかなコンビなので、明るい純愛ものとか似合いそう。お披露目もそんなかんじでしょうか。コメディとかもすごそうです。ドッタンバッタンが好きな方に受けそう。スタイルが良いのでコスチューム物も多くなるかもしれません。

・歌やダンスが達者なコンビではないので、ひたすら脚本が勝負になってきそうです。演出家不足のなか大変ですが、肝は舞台内容です。おそらく王道の王子様系はなさそう。

・触れてませんでしたが、ダンスは二方ともまあまあ普通です。紅さんが若干硬いかも?(さいきんのレビューはソロで踊ったりはほぼないです)とはいえそのときにはそれなりの演出でカバーされるので気にならないと思います。

・大活躍が予感されるのが、礼真琴さんですね。おそらくしっかり2番手になるのではないでしょうか。2.5番手に七海ひろきさんかしら?かいちゃんは紅さんと仲良しなので、ここのコンビネーションもたのしみです。3番手並立で麻央さん十碧さんあたりですかね。これは盛り上がりそうです。


・・・・・


ざっと駆け抜けましたが、
わたしからみた新トップコンビでした。

みちふうという芸達者コンビの後は、誰がきてもハードルが高いかもしれません。新トップが前トップと比較されてしまうのはしかたがありませんが、前の方とは違う良さや特色が自然とでてくるものですから、それを楽しみにしようと思います。天彩峰里さんの応援もしなくてはいけないし…!!(本音)


これからは気がむいたら、
こういったことも記事にしたいとおもいます。
ではまたー。