読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

花組『ME AND MY GIRL』(B) 感想

おそくなりました。

Bパターンの感想まいります。


役替わりって正直、そこまで差異をかんじたことがなかったのです。そりゃ人は変わってるからなんとなく違いはでるけれど、物語の感じ方までは変わりませんでした。
ですがメインがここまで変わると別物ですね。意識的に「別物として仕上げた」演出でした。再演一本もので集客をあげるみごとな配役です。

花組の若い魅力がなせる技である反面、番手の絶妙なバランスも垣間見えるものでした。だからこそ、同じ舞台は二度とない、そんな公演かもしれません。



仙名彩世さんのマリアはすごい。

厳粛さはもちろんですが、「誇り高い貴族の人間」ということがより強く出ていました。へアフォード家の伝統を守り抜き、貴族としての義務を誇りに思うマリア。声音もあるのでしょうが、親戚からも恐れられ、若い人たちとの間にも大きな溝も感じられる、そんな演技にただただ圧倒されました。ゆきちゃんマジ主人公。

終盤、「ビルがあの子のことを本気で想っているだなんて思わなかったの…」「またあの騒がしい娘が帰ってきてくれないか、とさえ思うの…」と後悔を口にする場面。すごくしおらしく、弱ったような姿で、急にマリアおばさまがふつうの女性らしく見える瞬間です。そこでちゃんと慰め、プロポーズして抱きしめてくれるジョン卿、いえ、瀬戸さんのみんなの彼氏感………はあ……脱線したいところですが、戻ります。

ゆきちゃんは若手のときから芸達者な役者さんですから、新人公演も上級生の役だったり、イロモノだったりと、個性的なイメージの強い娘役さんでした。他の役者さんや、ときには自分の役より「仙名彩世」が立ってしまうほどの実力派です。ですがここ何公演か、上級生を相手にしたヒロイン(!)や、いわゆる娘役らしい役もこなし、すごく柔和な雰囲気も身につけられたように思います。

サリーとビルが物語の主軸ですが、Bパターンはサリーとマリアおばさまの物語に感じさせられます。そういう意味では、正統派ではないのかもしれません。こんなME MY新鮮でいいでしょう?という三木先生の顔が浮かびます。

ゆきちゃんは台詞の間合いも絶妙で、ただふつうに流れていくはずの台詞さえ、笑いに変えていました。始終真顔なのが良いですね。またはわざとらしいくらい、にこやかとか。(笑)Bパターンは(まあ…規格外なパーチェスターもあいまってか)客席の笑いが多いかもしれません。

(余談ですが、今度の全国ツアー「仮面のロマネスク」もトゥールベル夫人!なんなら駆け引きしまくりじれじれの主人公たちより、プレイボーイに翻弄され堕ちゆく人妻がいちばんおいしいです。)


花男でジョン卿、瀬戸かずやさん。

そんなお堅いマリアおば様のお相手、瀬戸かずやさん演じるジョン卿について。あきらさんはすごく歌がうまいとか演技がすごい!とかじゃないんですが、「宝塚の男役」たる要素をバランスよく兼ね備えた方です。いまの花組にとって貴重な人材ではないでしょうか?
そして演目にはかならず、そういう「宝塚の男役」のための役があるのです。しかも二枚目が板についてきたあきらさんのジョン卿、悪いはずがありません。
キキさんも好演でしたが、低い声のダンディなジョン卿はやはり素敵で、あきらさんにクラッとせざるをえませんでした。
また、『あきらさんがゆきちゃんを幸せにしてくれるの図』である、銀橋歌唱は何度みてもぐっときます。わたしたちの幸福はあの2人の笑顔……!


柚香光さんのキザで変人の弁護士。

Bパターンのコンセプトがわかりやすく提示されている役、それが柚香光さんのパーチェスターです。
変わり種としかいいようのない、歴代の自意識過剰さをさらに尖らせ、とびきり若くした弁護士といったかんじでしょうか。
そもそもこの役は、未沙のえるさんのイメージがガチガチに残っている役で、星条海斗さんのインパクトもあり、踏襲しようにも役者さんの色が濃くて難しい役です。

鳳真由さんのパーチェスターが真面目でひょうきんな正統派としたら、れいさんのパーチェスターは自由行動派。格好つけてますがどちらかといえば不真面目。行動が不審でとんでもないことをしますし、見た目の存在感がありすぎますが、これはこれで成功しているように思います。オリジナリティーがあり新鮮な役作りは目立っていますし、話題になりやすくていいですね。パーチェスターとしてどうか、と言われるとあかんやろと言わざるをえませんが。
再演という中で個性を強く出せている1人だと思います。また、彼女がこれだけ自由に役をつくれるひとだということも発見ですね。三木先生がよくGOを出したなとも思いますが。。

今回もまた、ジャッキーとパーチェスターという性別の違う二役で、ほんとうにほんとうに大変そうですが、どちらも明日海さんビルにたくさんかまってもらえて、きっと嬉しいことと思います。


花組トップコンビのすごさ。

A,Bパターンを数回を観劇しておもったのは、
「この叔母(マリア)あっての甥(ビル)だな」という繋がりの表現が明日海さんはお上手ですね。どちらのパターンも不思議と腑に落ちます。だからこそ、家族の中で変わるビルをみたサリーが、彼のルーツはここなんだ、ランベスにはないんだよ!と訴える。この流れが気持ちよくて好きです。
かのちゃんも日に日にいろんなことを試して成長しているかんじ。トップコンビ2人の、なにも言わなくてもわかる、というコンビネーションの成長もすばらしいです。毎公演、相手のことを大切に想う心と格闘しているんですもの…、たいへんなお稽古・本番を経てきていることがうかがえます。2人がハッピーであること、それがどんなにわたしの幸せか……!




記事が長くなりすぎました……。
一回につめこむとひどいものですね。愛があまってしかたないのです、大目にみてください。

公演もあと半月をすぎました。
のこりの期間も
さらに進化する花組さんに期待ですね。


ネタもたまっているし、
がんばって書き上げます!
ではまたー。