読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

花乃まりあというトップ娘役


だいぶ前になってしまいますが、
花乃ちゃんの退団発表がありましたね。
寂しい気持ちもありつつ、最後までわたしは花乃ちゃんを応援したいと思います!そんな意気込みの記事を書いてみます。



常人が持ち合わせない、ましてや劇団内でも「華」のある役者さんというのは、とても大切にされます。否が応でも目立ちますから下級生のころから注目が集まります。その時点では、実力がある子のほうが珍しいでしょう。ひたすらに場を与えて経験を積ませるのが通例ですね。さらに娘役さんでいうと、実力や華のある子は、早くから抜擢して若いうちにトップさんに、というのがここ最近の人事傾向です。


そんな近年の流れのなか、宙組から明日海さんの相手役として組み替えしてこられた、花乃まりあちゃん。

組み替え後〜トップ就任してからもしばらくの間は、どこからともなく花乃ちゃんへの不安や不満を抱いた宝塚ファンも多いのではないでしょうか。友人からもれ聞いていましたし、正直なところ、わたしもすぐに喜ばしいとは感じませんでした。わたしの場合、それはひとえに、舞台にしろ人柄にしろ、「彼女がどんな人かまったく知らない」という恐れからきたものでしたが…。(なのでその後の色々で補完されていきました。)


わたしの花乃ちゃんへの好意の軸は、「顔がめっちゃタイプ」という、中学生かおまえはと聞こえてきそうな理由です。(いやほんとすみません、なにかと顔が入り口なんです。)
でもそれだけが惹かれる理由でなくなってきたのはいつからでしょうか。ひたむきな根性とか一途な心、自分の殻をやぶる勇気や、娘役のプライド。そういった成長を見せてくれたように思います。



花乃ちゃんの変化・コンビの成長

花乃ちゃんってすごいのでは!と思ったのは、梅田・台湾公演の『ベルサイユのばら/宝塚幻想曲 FANTASIA』でした。

前に観ていた全国ツアー公演で、明日海さんのフェルゼンは若くて見目麗しくて、情熱をもちながら自己を抑制する演技が印象的でした。それこそ明日海さんはベルばらのプロとして安心です。それは同時にアントワネット次第である、ということでもありました。

歌舞伎セリフですから、あまり感情が見えてこなかったり・その人の個性が皆無になったりと難しい演目です。しかも台湾版のため1幕に凝縮するとなると、謁見やオスカルの部屋もない…。贔屓の金髪のためにわたしは梅田まで……?とこんな顔(-_-)でした。


ですが、観劇してみるとどうでしょう。しっかりフェルゼンとアントワネットの物語として、王妃の生き様として成り立っていました。ベルばらを何周もしてるからこその脳内補完のおかげもあるかもしれません。とはいえ花乃ちゃんアントワネットは、物語を演技力で底上げしていたように感じました。

このときに、お歌もかなりお稽古したことが伝わってきました。無理に張り上げず、演技のうえで歌を歌い、心情を表現する方向にいったのは良い転換だったと思います。積み重ねが自信になり、自然と声量もあがったのではないでしょうか。その後のME AND MY GIRLで、彼女の努力は確かな実力になったと思います。


前の記事で語りつくしたので、割愛しますが、本当に彼女はサリーという役に懸けていたと思います。それだけ、すばらしいサリーでした。
あの公演によって、トップコンビの信頼関係がまた新たな進歩をとげたのでしょうか。二人のコンビネーションが良くなったのは気のせいではないでしょう。



トップ娘役であるということ。

ファンのわたしたちは、花乃ちゃんのなにもかもを知っているわけではもちろんありません。垣間見える表層に一喜一憂したり・憶測したりするしかできないわけです。堪えて、乗り越えて、人前では笑顔でいる。その大変さったら想像が追いつきません。

つらい時期をきっと何度も体験して、彼女たちは舞台で輝いている。花乃ちゃんにかぎらず、宝塚はそういう世界であると思い出したのでした。


全てが備わっているわけじゃない、けれど持っている強みがある。その心を持ち続け、挑戦し続ける強さが、トップ娘役さんの美しさだと思います。




いろいろと壮大なことを申しましたが、単純にきれいでかわいくて、髪型が凝ってておしゃれな花乃ちゃんがだいすきです……。女王様(役で)としてトップさんを奴隷(もちろん役で)にして去っていくあたり、なかなか歴代娘1としてはありえないですよね(語弊)!素敵です。

ということでわたしは11月に遠征してまいります。花乃ちゃんのさらなる成長がたのしみです。贔屓は……どうなるか……うーん。



かなしいことに、
またみりおんの記事も書かなくてはですね。

エリザベート・ロマネスクと、なるべく感想記事を簡潔にあげられるよう、がんばりまーす!