宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

花組『仮面のロマネスク/Melodia』感想

花組関連記事ばかりになってしまい、
すみません。愛余りすぎ。


ずいぶん前になってしまいましたが、
相模女子大学グリーンホールで、
観劇してまいりました。

花組全国ツアーはベルばらぶりとあって、明日海さんの地元静岡はおおいに盛り上がったでしょうね。

※次期娘1発表前の感想となります。



さいきんは全国ツアーの演目がすべて柴田作品で、先生が健在のうちに…なんてことなのでしょうか。
激情やコルドバもですが、この物語もまた破滅へ向かう愛の物語。柴田先生の書くセリフは、前時代感はいなめないけれど、品があってくさくていいですね。こういった宝塚らしい作品はいいものだなと思いました。


複雑に絡み合う恋のかけひきがメイン。うまく説明ができないのですが、要は色んな女を明日海さんが誘惑しまくり、ほんとうに恋をしそうになった女を手酷く捨て、メルトゥイユ伯爵夫人との執着にも似た恋をやっと手にいれる、というかんじでしょうか。
復讐を企み、思わせぶりな言葉をかけあう姿は、元恋人らしい色香があってよかったです。メルトゥイユ伯爵夫人の強いもの言いもかっこよかった。年の差がなさそうに見えるので、遊び人同士、ライバルというかんじもよかったです。


花組のヴァルモンとメルトゥイユ

明日海さんのヴァルモンさまは輝かしい美しさ!なに!いまのやらしい脱ぎ方!!優雅なマントさばき!!!と、ベルばら100本ノックは無駄じゃなかったと思える貴族ぶりでした。トート閣下もちらついた方はとても勤勉な花組オタクです。
大人の余裕もありつつ、子供のような無邪気さがとても魅力的。前人と比べると若き子爵という印象でしたが、思ったよりも違和感はありませんでした。

そこにいつもよりぐっと低い大人っぽい声で、「あなたらしくないわね」なんて挑発する、花乃ちゃんのメルトゥイユ夫人!野々すみ花さんの演技力に迫るものがありました。劇中のメインナンバーを堂々と歌い上げる姿にも感動しきり…。高く太い声もだいぶ安定していました。
表情のこまやかな変化で仮面の姿と本音が垣間見え、奥底にしまいこんでしまった気持ちを自分でもどうにもできずにいる。そんな花乃ちゃんのメルトゥイユ夫人は強く美しかったです。


花娘のためのトゥールベル夫人

そして高潔で美しいトゥールベル夫人!この作品の被害者にして悲劇のヒロイン!仙名彩世さんしかできなかったと思います。
身のこなしがとにかく美しくてステキでした。ヴァルモン子爵に迫られるシーン、初演の星奈優里さんを彷彿とする、するりするりと踊るように逃げる姿が印象的。最後の舞踏会も圧巻のスカートさばきでした。一度は内に秘めてしまった恋が激しく燃え盛り、身を焼き尽くしてしまう…そんな彼女の心情が痛いほど伝わるラストシーンでした。わたしが人妻だったなら200%感情移入できたのに……!(そこか)

可憐でしとやかかな面と激しい強さを併せ持つあたり、なんとなく花娘に似合う役なのかもしれません。これを華燿きらりさんや桜一花さんがやっても、その人のトゥールベル夫人としてステキだったに違いありません。


ですがこの作品、ききさんちなつさんにはそこまでの見せ場もうまみもなく…。強烈に役作りがあればという問題でもなさそう。柴田脚本は3人で成り立ちがち。余談ですが谷先生は4人。
強いてうまくて目立つといえば、音くり寿ちゃんと優波慧さんでしょうか。春妃うららちゃんは可愛くて大好きなのですが、すこしセリフの棒読みが気になってしまいました。


ちなつさんの色気で赤く染まる会場

Melodiaはちなつさんの一人勝ちといいましょうか。なにをやっていても目立ちますし、色気を振りまいて目線のサービス…と小劇場に余りある存在感と色気でした。客席降りで近くにきたときは、まちがいなく周りもポワーっとしていました。幸せですね。
ちなつさんのダンスは大きくて華があって月組時代から好きなのですが、花組にきてからは、魅せ方も格段にバリエーションが増え、再演レビューでしたがまったく飽きませんでした。こういうときに研究科の圧倒的な力を感じて幸せです……。


花乃ちゃんに何度でも大好きだといいたい

Melodiaは大劇場公演のときから、この単調さはどうにかならないものかと思っていましたが、新演出や新配役などで、メリハリがでて新鮮味もありました。
花乃ちゃんの出番はそう変わったわけではないのですが、だからこそ見える成長がおもしろかったです。プロローグで花乃ちゃんがワンコーラス歌う場面・プロローグ後の銀橋で二人のデュエット・中詰め歌唱・娘役さんを引き連れての銀橋ソロ、そのどれもがパワーアップしていました。特にソロは魅せ方をいろいろ試しているのかな?一回目と二回目ではすこしずつ違いました。花乃ちゃんのショーをもっと見ていたかったなあ……。


Melodia 他

黄金郷のシーンはいろいろな発見がありました。まず、水美さんがいないことの寂しさがあまりにも大きく、というかわたしこの場面は決まってまいてぃーをオペラロックしてたから他の大劇場メンツをまったく覚えてないという…!!(衝撃)だってあの美貌は二次元でしたよね!!?とまあ、どうだっていいんです太田の趣味は。
あきらさんの王様役を高翔さんがやっておられて、わたしは自席でひっくり返りそうになりました。お衣装が似合いすぎている上、王としての貫禄は十分ですし、なにより高翔さんのダンスがとても美しい……!研26の路線組長、最高でした。

ほかに目立ったのは、優波さん・矢吹さん・音くりちゃん・聖乃さんでしたかね。帆純さんがもっと前へくるかと思いましたが、くり上がり程度で意外でした。花組は下級生がいまいち弱いので、がんばってほしいです。
音くり寿ちゃんは1幕でもメインキャストでしたし、新人公演の単独主演も遠くなさそうですね。トップさんのカラーとはまったく違う可愛らしさなので損ではありますが、本人はなんでもできそう。



以上、長くなりました〜〜〜。

花組大劇場公演が待ちきれません。
遠征まで細々がんばります。