読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚は永遠ですか?

おもに宝塚で心乱されたことの記録。手広くオタクです。

花乃まりあというトップ娘役(最後)


昨日、感無量の花組『雪華抄/金色の砂漠』千秋楽ライブビューイングでした。

わたしはこんなに、このコンビが好きだっただろうか…というくらい2人が微笑み合う姿で一番泣けてしまった。正直、嗚咽した。

久美子先生の、メタ要素もりもりの今公演は、わけのわからない人も多かったと思います。作り話の中にひとつだけある真実。魂の自由と誇り、愛。昨日は今までに見たことのない完成度でした。
明日海さんと花乃ちゃんを中心に、渦巻くような人間模様と感情。目の動きひとつにも、巻き込まれて落ちていってしまいそうでした。

サヨナラショーの幕あきは「あごで受けなさい」。
わたしは花乃ちゃんのこの歌が一番好きです。サリー・グウェンドレン・エマ・アリシア。すべての役を愛しているんだなと感じました。デュエットダンスは「花は咲く」。
ほんとうに、あのときの花乃ちゃんはどこか自信がなさげで、でも笑うとぱあっと華やかで。明日海さんが花乃ちゃんに微笑みかける、それだけで泣きまくってしまいました。ご挨拶も、どこまでも花乃ちゃんらしい、ちょっと男前で愛しい言葉。
すみれの花咲く頃を歌うとき、ゆきちゃんが涙に詰まってた姿もなんだか切なかった。


どこか宝塚らしからぬ、でも宝塚でしかありえなかった2人だけの相性。ずっと苦楽を共にしてきたからこそのトップコンビ。

「朗らかでいること。自分と周りの人を信じること」生きているだけで、なんて難しいことなのでしょう。花乃ちゃんは人一倍の努力でそれを勝ち得た演者さんでした。この先どんな困難も、その力強くもやわらかな笑顔で溶かしていってほしいです。あと、もうちょっと太ってもいい!(笑)

気づいたらわたしは、花乃ちゃんにこんなにも励まされていました!!でもまだすごく寂しい。

前の前のご贔屓の時でさえこんなに泣けやしなかったのですが、涙の分だけ花乃ちゃんと一緒に夢を見させてもらってたのかもしれません。心から、ご卒業おめでとうございます。



「雪華抄/金色の砂漠」感想は、東宝中日と千秋楽の違いに戸惑っているので、すこし整理してからあげようと思います!ではまた。